Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ起動同期 » サーバ起動同期チュートリアル

 

チュートリアル:ライトウェイトポーリングを使用したサーバ起動同期の設定

このチュートリアルでは、サーバ起動同期を使用できるように SQL Anywhere 統合データベースとリモートデータベースを設定する方法について説明します。このチュートリアルは、%SQLANYSAMP16%\MobiLink\SIS_CarDealer_LP_DBLSN に配置されているサンプルコードに基づいています。

サーバ起動同期の実装サンプルは、%SQLANYSAMP16%\MobiLink にあります。サーバ起動同期のすべてのサンプルディレクトリ名には、プレフィクスの SIS_ が付いています。

注意

Sybase Central を使用してリモートデータベースを管理し、その後、ライトウェイトポーリングを使用するサーバ起動同期への代替機能としてサーバ起動リモートタスク (SIRT) を使用できます。 詳細については、サーバ起動リモートタスク (SIRT)チュートリアル:リモートデータベースの集中管理の使用を参照してください。

 必要なソフトウェア
 前提知識と経験
 権限
 目的
 関連項目

レッスン 1:統合データベースのセットアップ
レッスン 2:データベーススキーマの生成
レッスン 3:Mobile Link プロジェクトの作成
レッスン 4:Notifier の設定
レッスン 5:Mobile Link サーバの起動
レッスン 6:リモートデータベースの設定
レッスン 7:Mobile Link Listener の設定
レッスン 8:Push 要求の発行
クリーンアップ