Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ起動同期 » サーバ起動同期チュートリアル » チュートリアル:ゲートウェイを使用したサーバ起動同期の設定

 

レッスン 2:データベーススキーマの生成

このレッスンでは、データベーススキーマを生成します。このスキーマには、Dealer テーブルと download_cursor 同期スクリプトが含まれます。テーブルとストアドプロシージャは、サーバ起動同期の Push 要求を生成するために使用されます。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:統合データベースのセットアップを参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:ゲートウェイを使用したサーバ起動同期の設定

 ♦ タスク
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. 次のタスクを実行して、統合データベースに接続します。

    1. [接続] » [SQL Anywhere 16 に接続] をクリックします。

    2. [ユーザ ID] フィールドに、DBA と入力します。

    3. [パスワード] フィールドに、sql と入力します。

    4. [アクション] ドロップダウンリストから、[ODBC データソースを使用した接続] をクリックします。

    5. [ODBC データソース名] をクリックし、[参照] をクリックします。

    6. sis_cons を選択し、[OK] をクリックします。

    7. [接続] をクリックします。

  3. Interactive SQL を使用してデータベースに接続します。

    Interactive SQL は、Sybase Central またはコマンドプロンプトから起動できます。

    • Sybase Central から Interactive SQL を起動するには、MLconsolidated - DBA データベースを右クリックし、[Interactive SQL を開く] をクリックします。

    • コマンドプロンプトで Interactive SQL を起動するには、次のコマンドを実行します。

      dbisql -c "dsn=sis_cons"
  4. 次の SQL 文を実行し、Dealer テーブルを作成して設定します。

    CREATE TABLE Dealer (
        name VARCHAR(10) NOT NULL PRIMARY KEY,
        rating VARCHAR(5),
        last_modified TIMESTAMP DEFAULT TIMESTAMP
    )
  5. 次の文を使用して、Dealer テーブルにデータを挿入します。



    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Audi', 'a');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Buick', 'b');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Chrysler', 'c');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Dodge', 'd');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Eagle', 'e');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Ford', 'f');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Geo', 'g');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Honda', 'h');
    INSERT INTO Dealer(name, rating) VALUES ('Isuzu', 'I');
    COMMIT;
  6. 次の SQL スクリプトを実行して Mobile Link のシステムテーブルとストアドプロシージャを作成します。C:\Program Files\SQL Anywhere 16\ は、SQL Anywhere 16 インストール環境のロケーションに置き換えてください。

    READ "C:\Program Files\SQL Anywhere 16\MobiLink\setup\syncsa.sql"
  7. 次の SQL スクリプトを実行し、download_cursor 同期スクリプトを指定して同期を記録します。



    CALL ml_add_table_script(
        'sis_ver1',
        'Dealer',
        'download_cursor',
        'SELECT * FROM Dealer WHERE last_modified >= ?'
    );
    
    CALL ml_add_table_script(
        'sis_ver1', 'Dealer', 'download_delete_cursor', '--{ml_ignore}'
    );
    
    COMMIT

    Interactive SQL は閉じないでください。

結果

Dealer テーブルと download_cursor 同期スクリプトを含むデータベーススキーマが生成され、Mobile Link のシステムテーブルとストアドプロシージャがインストールされます。

 参照