Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ起動同期 » サーバ起動同期の Mobile Link サーバ設定 » Notifier イベント » ポーリング中のイベント

 

error_handler イベント

転送に失敗した場合や転送が確認されなかった場合を示すには、このイベントを設定します。たとえば、転送に失敗した場合、このイベントを使用すると、監査テーブルにローを挿入したり、Push 通知を送信したりできます。

次の表に、error_handler イベントを使用して取得できるパラメータの詳細を示します。

スクリプトパラメータ データ型 説明
request_option (out) Integer

エラーハンドラが戻った後に Notifier が Push 要求に対して実行する処理を制御します。出力は、次のいずれかの値になります。

  • 0:エラーコードに基づいてデフォルトアクションを実行し、エラーを記録します。
  • 1:何もしません。
  • 2:request_delete イベントを実行します。
  • 3:セカンダリゲートウェイへの配信を試行します。
error_code (in) Integer

エラーコードには、次のいずれかの値を使用します。

  • -1:確認が成功したあと、要求はタイムアウトされました。
  • -8:配信試行中にエラーが発生しました。
request_id (in) Integer 要求を識別します。
gateway (in) varchar Push 要求に関連付けられているゲートウェイを指定します。
address (in) varchar

Push 要求に関連付けられているアドレスを指定します。

セキュリティ上の理由から、オプションの Notifier エラーハンドラが呼び出されると、次のいずれかに該当しない、通知の件名または内容の文字がアスタリスク (*) に置き換わります。

  • 英数字
  • ピリオド
  • コロン
  • マイナス記号
  • プラス記号
  • アンダースコア

通知で送信される値は、元の値と同じです。

subject (in) varchar

Push 要求に関連付けられている件名を指定します。

セキュリティ上の理由から、オプションの Notifier エラーハンドラが呼び出されると、次のいずれかに該当しない、通知の件名または内容の文字がアスタリスク (*) に置き換わります。

  • 英数字
  • ピリオド
  • コロン
  • マイナス記号
  • プラス記号
  • アンダースコア

通知で送信される値は、元の値と同じです。

content (in) varchar

Push 要求に関連付けられている内容を指定します。

セキュリティ上の理由から、オプションの Notifier エラーハンドラが呼び出されると、次のいずれかに該当しない、通知の件名または内容の文字がアスタリスク (*) に置き換わります。

  • 英数字
  • ピリオド
  • コロン
  • マイナス記号
  • プラス記号
  • アンダースコア

通知で送信される値は、元の値と同じです。

注意

このイベントにはシステムプロシージャの使用が必要です。Sybase Central を使用して、このイベントを直接設定することはできません。 サーバ起動同期の Mobile Link サーバ設定を参照してください。

 参照
 例