Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ起動同期 » サーバ起動同期チュートリアル » チュートリアル:ライトウェイトポーリングを使用したサーバ起動同期の設定

 

クリーンアップ

チュートリアルをコンピュータから削除します。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:統合データベースのセットアップを参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:ライトウェイトポーリングを使用したサーバ起動同期の設定

 ♦ タスク
  1. Interactive SQL を閉じます。

  2. SQL Anywhere、Mobile Link、同期クライアントの各ウィンドウを閉じます。

  3. 次の手順で、チュートリアルに関連するすべての ODBC データソースを削除します。

    1. ODBC データソースアドミニストレータを起動します。

      コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

      odbcad32
    2. SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB データソースを削除します。

  4. 統合データベースとリモートデータベースが保存されているディレクトリ c:\MLsis\ に移動し、すべてのファイルを削除します。

結果

チュートリアルがコンピュータから削除されます。

次の手順

なし。