Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ起動同期 » サーバ起動同期チュートリアル » チュートリアル:ライトウェイトポーリングを使用したサーバ起動同期の設定

 

レッスン 8:Push 要求の発行

このレッスンでは、統合データベースの Dealer テーブルを変更して、Mobile Link Listener が Push 通知をポーリングするときに情報をリモートデータベースにダウンロードできるようにします。次に、統合データベースにポーリングキー値を挿入して、サーバ起動同期を要求します。Notifier は request_cursor イベントを実行し、non_sync_request テーブル内のポーリングキーを検出して Mobile Link Listener に Push 通知を送信します。Mobile Link Listener が Push 通知を受信すると、Mobile Link データベースと同期してリモートデータベースを更新します。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:統合データベースのセットアップを参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:ライトウェイトポーリングを使用したサーバ起動同期の設定

 ♦ タスク
  1. 統合データベースに接続していない場合は、Interactive SQL で接続します。

    次のコマンドを実行します。

    dbisql -c "dsn=SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB"
  2. 次の SQL 文を実行します。

    UPDATE Dealer
        SET RATING = 'B' WHERE name = 'Geo'; 
    COMMIT;
  3. non_sync_request テーブルに直接移植し、Push 要求を発行します。ポーリングキーカラムによって、Push 通知を受信するデバイスが決まります。

    次の SQL 文を実行します。

    INSERT INTO non_sync_request(poll_key) VALUES ('%remote_id%.no_action');
    COMMIT;
  4. 同期が発生するまで数秒待ちます。

    Mobile Link Listener は、統合データベースをポーリングして Push 通知をダウンロードし、リモートデータベースの Dealer テーブルを更新します。

  5. 統合データベースの non_sync_request テーブルからポーリングキー値を削除し、デバイスとのサーバ起動同期を停止します。

    次の SQL 文を実行します。

    DELETE FROM non_sync_request WHERE poll_key = '%remote_id%.no_action';
    COMMIT;
  6. リモートデータベースで Dealer テーブルが更新されたことを確認します。

    次の SQL 文を実行します。

    SELECT * FROM Dealer

    Geo の評価が B になっている必要があります。

結果

統合データベースに変更が加えられ、サーバ起動同期が開始されます。

次の手順

クリーンアップに進みます。

 参照