Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:リモートデータベースの集中管理の使用

 

レッスン 8:同期モデルの展開

このレッスンでは、前のレッスンで作成した同期モデルを展開します。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:統合データベースの作成を参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの冒頭の「権限」セクションに一覧になっているロールおよび権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:リモートデータベースの集中管理の使用

 ♦ タスク
  1. Sybase Central の [フォルダ] ビューの [Mobile Link 16] で、[Central Admin Tutorial] » [同期モデル] を展開します。tutorial1 を右クリックして、[展開] をクリックします。

    同期モデル展開ウィザードが表示されます。

  2. [ようこそ] ページで、ウィザードによって生成されたファイルを保管するデフォルトロケーションをそのまま使用し、[次へ] をクリックします。

  3. [クライアントネットワークオプション] ページで、以下のオプションを選択し、[次へ] をクリックします。

    • プロトコル   TCP/IP

    • ホスト   localhost

    • ポート   2439

  4. [Mobile Link ユーザとパスワード] ページで、[リモートタスクに適したマクロの値の使用] を選択します。

    {ml_username} および {ml_password} のマクロ値は、生成された SQL ファイルで使用され、リモートデバイスで SQL が実行されるときに Mobile Link エージェントが使用する Mobile Link ユーザとパスワードに置き換えられます。同期プロファイルは tutorial1_{ml_username} という名前で自動的に作成されます。このとき、{ml_username} マクロは Mobile Link ユーザ名に置き換えられ、ここでは JOHN に置き換えられます。

  5. [同期プロファイル] ページで、[同期プロファイル名] フィールドに tutorial1_JOHN と入力します。

  6. [データベースの同期を準備する方法を選択します] ページが表示されるまで [次へ] をクリックし、以下のタスクを実行します。

    • [統合データベースの同期を準備するために作成された SQL スクリプトの処理方法を指定してください][統合データベースに対して実行します。] を選択します。

    • [リモートデータベースの同期を準備するために作成された SQL スクリプトの処理方法を指定してください][実行しません] を選択します。

    • [次へ] をクリックしてから、[完了] をクリックします。

    同期モデルから移動する場合、変更内容を保存するよう求められます。[はい] をクリックします。

結果

これで、同期モデルの作成と展開が完了しました。モデルを展開すると、スクリプトが統合データベースに追加され、リモートデータベースを同期できるようになります。また、SQL ファイルも c:\cadmin_demo\Central Admin Tutorial\tutorial1_deploy\ ディレクトリに生成してあります。これはリモートデータベースを作成する場合に使用できます。これらのファイルをこの時点で確認してください。

次の手順

レッスン 9:リモートタスクの作成に進みます。