Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン

 

同期モデル

「同期モデル」は、Mobile Link アプリケーションを簡単に作成できるツールです。同期モデルは、Sybase Central のプロジェクト作成ウィザードまたは同期モデル作成ウィザードによって作成されるファイルです。

同期モデルが作成されたら、引き続きモデルのカスタマイズを行うことができます。統合データベースまたはリモートデータベースは、モデルを展開するまで変更されません。モデルは拡張子 .mlsm のモデルファイルに保存され、このファイルの参照は Mobile Link プロジェクトファイルに保存されます。

モデルが完成したら、同期モデル展開ウィザードを使用してモデルを展開します。同期モデル展開ウィザードでは、選択した展開オプションを使用して、Mobile Link サーバとクライアントを実行するスクリプトファイルを作成できます。展開時に既存のデータベースを変更するか、ウィザードを使用して後で実行する SQL スクリプトを作成するかを選択できます。リモートデータベース用に作成されたファイルは、リモートタスクで使用できます。

展開後に、同期モデルまたはデータベースを引き続きカスタマイズし、再展開することができます。必要に応じて、Mobile Link のマニュアル全体に記載されている技術を使用して、展開した同期システムを Sybase Central 外で変更することもできます。


[同期モデル作成ウィザード] を使用した Mobile Link アプリケーションの設定
同期モデルタスク
スキーマの更新
同期モデルの展開
同期モデルの制限事項