Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン » 同期モデル » 同期モデルタスク

 

同期モデル内のスクリプトの変更

同期モデル内のスクリプトは、[イベント] タブを使用して変更します。

[イベント] タブでは、次のタスクを実行できます。

  • 現在のテーブルマッピングに基づいて生成されたスクリプトを表示および変更します。

  • 新しいスクリプトを作成する。

[イベント] タブの上部には、選択したスクリプトが属するグループが表示されます。単一テーブルのスクリプトはすべて 1 つにまとめられています。[イベント] タブの上部には、選択したスクリプトの名前が表示されます。また、このスクリプトが Mobile Link プラグインによって生成されたものかどうか、ユーザによって定義されたものかどうか、または生成したスクリプトが上書きされているかどうかも表示されます。また、同期論理が SQL、.NET、Java のどれを使用して作成されているかも表示されます。

このスクリプトは、生成されたスクリプトを上書きするスクリプトを追加すると、完全に制御できるようになります。したがって、関連する設定を変更しても、このスクリプトが自動的に変更されることはありません。たとえば、モデルの download_delete_cursor を変更した後に [マッピング] タブの [テーブルマッピング] ウィンドウ枠で [削除] カラムの選択を解除しても、カスタマイズした download_delete_cursor に影響はありません。

[ファイル] メニューのオプションを使用すると、上書き生成スクリプトをリストアしたり、無視されるように設定したスクリプトをリストアしたり、追加した新しいスクリプトを削除したりすることができます。リストアまたは削除するスクリプトを選択してから [ファイル] をクリックして、オプションを表示します。


特定のテーブルのスクリプトの検索