Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン » 同期モデル

 

同期モデルの展開

同期モデルは、同期モデル展開ウィザードを使用して展開します。

次の項目を展開できます。

  • 統合データベースの変更内容

  • SQL Anywhere または Ultra Light リモートデータベース (データベースを作成するか、既存の空のデータベースにテーブルを追加するか、リモートテーブルがすでに格納されている既存のデータベースを使用)

  • モデルを展開するバッチファイル (生成されるバッチファイルの先頭には変数宣言があり、バッチ ファイルの実行前にこの変数宣言を編集できます)

  • Mobile Link サーバと Mobile Link クライアントを実行するためのバッチファイル

Mobile Link 16 プラグインでは、同期モデルを展開すると、スキーマの比較が行われます。データベースオブジェクトの中でも展開対象のオブジェクトと異なるもの (たとえば、テーブルやインデックスなど) のみが変更されます。新しいオブジェクトを展開することにより既存の同期システムが壊れる場合は警告が表示されます。操作は中止することができます。この機能は、IBM DB2 LUW 統合データベースでは利用できません。

同じスクリプトバージョンに更新を再展開すると、新しいスクリプトバージョンで必要なくなったスキーマは自動的に削除されます。たとえば、ダウンロードをサポートするために last_modified カラムがテーブルに追加されている場合、同期しかアップロードしないように変更すると、last_modified カラムは展開中に削除されます。

また、ml_model_drop システムプロシージャを使用すれば、統合データベースから同期モデルとそのスキーマを削除することができます。このシステムプロシージャは、同期スクリプトを削除するほか、同期モデルが展開されたときに作成されたスキーマ (シャドウテーブル、トラッキングカラム、トリガ、インデックスなど) も削除します。別の script_version と共有されているスキーマは削除されません。Mobile Link 16 プラグインを使用してインストールしたスキーマしか削除できません。この機能は、IBM DB2 LUW 統合データベースでは利用できません。 ml_model_drop システムプロシージャを参照してください。

 統合データベースへの配備

展開前の同期モデルのテスト
SQL ファイルからの統合データベースの展開
リモートデータベースの展開
SQL ファイルからのリモートデータベースの展開
バッチファイルを展開して同期ツールを実行
同期モデルの再展開
展開した同期モデル