Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン » 同期モデル » 同期モデルタスク » テーブルとカラムのマッピング

 

テーブルマッピングのカラムマッピングの変更

必要に応じてテーブルとカラムのマッピングを確認しカスタマイズします。既存のリモートデータベースに基づいてモデルを作成すると、テーブルとカラムのマッピングは推測に基づいて設定されます。

前提条件

同期モデルが必要です。

内容と備考

同期された統合テーブルのカラムをリモートテーブルカラムにマッピングできます。カラムを同期するか同期から除外すると、値が決まります。値にマッピングするとき、Mobile Link ユーザ名、リモートデータベース ID、または SQL 式 (Mobile Link 名前付きパラメータを含むことができる) を使用できます。プライマリキーカラムを値にマッピングし、テーブルマッピングが双方向の場合は、リモートデータベースにダウンロードするときにプライマリキーが重複しないようにしてください。

 ♦ タスク
  1. [テーブルマッピング] タブで、テーブルマッピングを選択します。

  2. [詳細] ウィンドウ枠で、[カラムマッピング] タブを開きます。

  3. 変更するカラムマッピングを右クリックし、コンテキストメニューから次のいずれかのオプションを選択します。

    • [なし]
    • [Mobile Link ユーザ名]
    • [リモート ID]
    • [カスタム]
    • マッピングされていないリモートカラム

    統合カラムをリモートカラムと統合するには、メニューの一番下のグループからマッピングされいないリモートカラムを選択します。マッピングされていないリモートカラムのみが表示されます。

    統合カラムを同期から除外するには、[なし] をクリックします。方向アイコンに、統合カラムが同期されないことが示されます。

    統合カラムを値にマッピングするには、[Mobile Link ユーザ名][リモート ID]、または [カスタム] を選択して、同期中にリモートテーブルの upload_insert、upload_update、upload_delete 同期スクリプトが実行されるときに評価される SQL 式を入力します。[方向] アイコンには値がアップロード専用であることが示されます。すなわち、統合カラムはリモートデータベースにダウンロードされません。

結果

カラムマッピングが更新されます。