Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン » 同期モデル » 同期モデルタスク

 

サブセットのダウンロード

各 Mobile Link リモートデータベースでは、統合データベースに格納されているデータのサブセットを受信できます。テーブルごとにダウンロードサブセットをカスタマイズできます。

ダウンロードサブセットのオプションは、次のとおりです。

  • [ユーザ]   このオプションを選択すると、Mobile Link ユーザ名によってデータが分割され、登録済みの Mobile Link ユーザごとに異なるデータがダウンロードされます。

    このオプションを使用するには、Mobile Link ユーザ名を保持するカラムが各ローに含まれている必要があります。Mobile Link ユーザ名は展開時に選択するため、統合データベースの既存の値と一致する名前を選択できます。(Mobile Link ユーザ名用に使用するカラムは、ユーザ名として使用する値を格納できるタイプである必要があります。)サブセットのテーブルとは異なるテーブルに Mobile Link ユーザ名がある場合は、そのテーブルにジョインする必要があります。

  • [リモート ID]   このオプションを選択すると、リモート ID によってデータが分割され、リモートデータベースごとに異なるデータがダウンロードされます。

    このオプションを使用するには、リモート ID を保持するカラムが各ローに含まれている必要があります。リモート ID はデフォルトでは GUID として作成されますが、統合データベースの既存の値に一致するようにリモート ID を設定できます。(リモート ID 用に使用するカラムは、リモート ID として使用する値を格納できるタイプである必要があります。)サブセットのテーブルとは異なるテーブルにリモート ID がある場合は、そのテーブルにジョインする必要があります。

    注意

    リモート ID は、リモートコンピュータがリセットされるか、置き換えられたときに変更される場合があるため、通常、リモート ID 別ではなく、ユーザ別、または認証パラメータ別に分割することをおすすめします。

  • [カスタム]   ダウンロードするローを指定する SQL 式を使用するには、このオプションを選択します。各同期は、SQL 式が true のローのみをダウンロードします。この SQL 式は、生成された download_cursor スクリプトの WHERE 句に追加されます。Mobile Link 名前付きパラメータを式で使用できます。また、他のテーブルを参照することもできます。他のテーブルを参照する場合は、式の上にあるフィールドで他のテーブルをリストし、式にジョイン条件を含める必要があります。

 参照