Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Mobile Link 同期

 

Mobile Link のクイックスタート

Mobile Link は、1 つまたは複数の中央のデータソースと断続的に接続する多数のリモートアプリケーション間でデータを同期するように設計されています。基本的な Mobile Link アプリケーションでは、リモートクライアントは SQL Anywhere または Ultra Light のデータベースで、中央のデータソースはサポートされている ODBC 準拠のリレーショナルデータベースのいずれかです。Mobile Link サーバ API を使用してこのアーキテクチャを拡張すると、サーバ側の同期先の制限を事実上なくすことができます。

すべての Mobile Link アプリケーションで、Mobile Link サーバが同期処理の主要要素です。通常は、Mobile Link リモートサイトで Mobile Link サーバへの接続を開くと、同期が開始されます。同期中に、リモートサイト側の Mobile Link クライアントは、前回の同期後にリモートデータベースに対して行われたデータベースの変更をアップロードできます。Mobile Link サーバは、このデータを受信すると、統合データベースを更新し、変更内容を統合データベースからリモートデータベースにダウンロードできます。

Mobile Link アプリケーションの開発を始める最も簡単な方法は、[同期モデル作成ウィザード] を使用することです。このウィザードを使用すると、以下で説明している手順の大部分がウィザードにより処理されます。 同期モデルを参照してください。

ただし、Mobile Link モデルを使用する場合でも、Mobile Link 同期の処理とコンポーネントは理解しておく必要があります。

 Mobile Link アプリケーションの概要
 入門情報
 チュートリアル
 クイックスタートのためのその他の資料