Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:Mobile Link の概要

 

レッスン 4:同期モデルのテスト

このレッスンでは、同期モデルを迅速にテストする方法を説明します。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:Mobile Link 統合データベースの設定を参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:Mobile Link の概要

 ♦ タスク
  1. Sybase Central の左ウィンドウ枠の [Mobile Link 16] で、mlintro_project » [同期モデル] » sync_mlintro の順に展開します。

  2. [ファイル] » [テスト] をクリックします。

  3. [OK] をクリックして、統合データベースが変更されることを示す警告を解除します。

    同期モデルが統合データベースに展開され、テストのためにリモートデータベースが作成されます。Mobile Link サーバが起動します。

  4. [データ] タブをクリックします。上部ウィンドウ枠に、統合データベースの Product テーブルからのローが表示されます。下部ウィンドウ枠からは、リモートデータベースに Product テーブルのローが現在何も含まれていないことがわかります。

    複数のテーブルが定義されている場合は、[表示] ドロップダウンリストで、表示するテーブルを選択します。

  5. [同期] をクリックします。これで、リモートデータベースに 3 つのローが表示されます。

  6. [クライアントログ] タブを選択します。エラーメッセージまたは警告のログをスキャンします。[Mobile Link ログ] タブでも同じ操作を実行します。

  7. [データ] タブをクリックします。下ウィンドウ枠で、Drywall Screws 10lb という名前を持つローを右クリックし、[ローの編集] を選択し、数量を 99 に変更します。

  8. [同期] をクリックします。リモートデータベースで行った変更と、統合データベースとの同期が完了します。

  9. [アクション] ボタンをクリックし、[統合データベースで Interactive SQL を開く] を選択します。統合データベースに接続する Interactive SQL ウィンドウが開きます。

  10. 次の SQL 文を実行して、Interactive SQL を閉じます。

    update product set quantity = quantity + 1;
    commit;
  11. 再び Sybase Central の [データ] タブで、[アクション] » [データの再表示] タブをクリックします。統合データベース内の更新されたローが表示されます。

  12. [同期] をクリックします。リモートデータベースが新しい数量値に更新されます。

  13. [テスト] ウィンドウを閉じます。

結果

同期モデルのテストが正常に完了しました。

次の手順

レッスン 5:同期モデルの調整に進みます。

 参照