Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:ダイレクトローハンドリングの使用

 

レッスン 2:Mobile Link 統合データベースの設定

このレッスンでは、データベースを作成し、ODBC データソースを定義します。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:テキストファイルデータソースの設定を参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:ダイレクトローハンドリングの使用

内容と備考

Mobile Link 統合データベースはデータの中央レポジトリであり、同期処理の管理に使用する Mobile Link のシステムテーブルとストアドプロシージャが含まれます。ダイレクトローハンドリングでは、統合データベース以外のデータソースと同期しますが、Mobile Link サーバが使用する情報を保持するために統合データベースも必要です。

注意

Mobile Link 統合データベースを Mobile Link システムオブジェクトと ODBC データソースを使用して設定済みの場合は、このレッスンは省略できます。

 ♦ タスク
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. [ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースの作成] をクリックします。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. デフォルト値 [このコンピュータにデータベースを作成] を受け入れて、[次へ] をクリックします。

  5. [メインデータベースファイルを保存] フィールドに、データベースのファイル名およびパスを入力します。たとえば、c:\MLdirect\MLconsolidated.db と入力します。

  6. データベース作成ウィザードの残りの指示に従い、デフォルト値をそのまま使用します。[データベースへの接続] ページで、[最終切断後にデータベースを停止] オプションをオフにします。

  7. [完了] をクリックします。

    MLconsolidated データベースが Sybase Central に表示されます。

  8. ウィンドウが自動的に閉じない場合は、[データベースの作成] ウィンドウの [閉じる] をクリックします。

  9. SQL Anywhere 16 ドライバを使用して、MLconsolidated データベース用の ODBC データソースを定義します。

    Sybase Central で、[ツール]  » [SQL Anywhere 16]  » [ODBC アドミニストレータを開く] をクリックします。

  10. [ユーザ DSN] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

  11. [データ ソースの新規作成] ウィンドウで、[SQL Anywhere 16] をクリックし、[完了] をクリックします。

  12. [SQL Anywhere の ODBC 設定] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. [ODBC] タブをクリックします。

    2. [データソース名] フィールドに mldirect_db と入力します。

    3. [ログイン] タブをクリックします。

    4. [ユーザ ID] フィールドに DBA と入力します。

    5. [パスワード] フィールドに sql と入力します。

    6. [サーバ名] フィールドに、MLconsolidated と入力します。

    7. [OK] をクリックします。

  13. ODBC データソースアドミニストレータを閉じます。

    [ODBC データソースアドミニストレータ] ウィンドウで [OK] をクリックします。

結果

統合データベースと ODBC データソースが作成されます。

 参照