Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン

 

Mobile Link プロジェクトの作成

Sybase Central の Mobile Link を操作する前に、Mobile Link プロジェクトを作成します。

前提条件

この作業を実行するための前提条件は、ありません。

内容と備考

サンプルの Mobile Link プロジェクトは %SQLANYSAMP16%\MobiLink\CustDB\project.mlp にあります。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[ツール] » [Mobile Link 16] » [新しいプロジェクト] をクリックします。

  2. [新しいプロジェクトの名前を指定してください。] フィールドに、プロジェクトの名前を入力します。

  3. [新しいプロジェクトの保存場所を指定してください。] フィールドにプロジェクトフォルダのロケーションを入力するか、[参照] をクリックしてプロジェクトファイルのフォルダを選択します。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. [統合データベースを指定] ページで、次のタスクを実行します。

    1. [データベースの表示名] フィールドに、統合データベースに使用する表示名を入力します。この名前は、プロジェクトの統合データベースリストに表示されます。

    2. [接続文字列] フィールドに、統合データベースへの接続に使用するデータベース接続パラメータを入力するか、[編集] をクリックして ODBC データソースに接続するためのウィンドウを開きます。

    3. [パスワードを記憶] を選択し、データベースへの接続に使用するパスワードを保存します。

      このオプションを選択すると、パスワードは難読化した形式でプロジェクトファイルに保存されます。

    4. [次へ] をクリックします。

  6. [新しいリモートデータベーススキーマ] ページで、リモートデータベースに表示する統合テーブルとカラムを選択します。[次へ] をクリックします。

  7. [リモートスキーマ名をプロジェクトに追加] を選択し、スキーマが同じであるリモートデータベースのグループを識別します。または後から追加することもできます。リモートスキーマ名は、リモートタスクを作成する場合にのみ役に立ちます。

    リモートスキーマ名を追加する場合は、次のように指定します。

    • [新しいリモートスキーマ名を指定してください。]   同じスキーマ名を共有するリモートデータベースのグループを特定するために使用する名前を入力します。バージョン番号を含めることをおすすめします。

    [次へ] をクリックします。

  8. [リモートデータベースタイプを指定] ページで、使用するリモートデータベースのタイプとして、[SQL Anywhere] または [Ultra Light] のいずれかを選択します。この設定は、後からプロジェクトの [プロパティ] ページで変更できます。

  9. [完了] をクリックして新しいプロジェクトを保存します。

  10. Mobile Link システム設定のインストールを求められたら、[はい] をクリックしてから [OK] をクリックします。

結果

Mobile Link プロジェクトが作成され、指定したデータベースへの接続が確立され、同期モデルが作成されます。

次の手順

これで、同期モデルを編集または展開したり、Mobile Link プロジェクトの他のオブジェクト (リモートタスクなど) を操作したりできます。

 参照