Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:スクリプトバージョン句を使用したスキーマの変更

 

レッスン 1:統合データベースの作成と設定

このレッスンでは、同期用に統合データベースを設定します。

前提条件

このレッスンでは、このチュートリアルの冒頭の「権限」セクションに一覧になっているロールおよび権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:スクリプトバージョン句を使用したスキーマの変更

 ♦ タスク
  1. 次のコマンドを実行して、統合データベースを作成し、実行を開始します。

    md c:\cons
    cd c:\cons
    dbinit -dba DBA,sql consol.db
    dbsrv16 consol.db
  2. 次のコマンドを実行して、統合データベースの ODBC データソースを定義します。

    dbdsn -w dsn_consol -y -c "UID=DBA;PWD=sql;DBF=consol.db;SERVER=consol"
  3. データベースを Mobile Link 統合データベースとして使用するには、Mobile Link で使用するシステムテーブル、ビュー、ストアドプロシージャを追加する設定スクリプトを実行する必要があります。次のコマンドを実行して、統合データベースとして consol.db を設定します。

    dbisql -c "DSN=dsn_consol" %SQLANY16%\MobiLink\setup\syncsa.sql
  4. Interactive SQL を開き、dsn_consol ODBC データソースを使用して consol.db に接続します。

    dbisql -c "DSN=dsn_consol"
  5. 次の SQL 文を実行します。統合データベースで customer テーブルが作成され、必要な同期スクリプトが作成されます。



    CREATE TABLE customer (
       id      unsigned integer primary key,
       name    varchar( 256),
       phone   varchar( 12 )
    );
    
    CALL ml_add_column('my_ver1', 'customer', 'id', null );
    CALL ml_add_column('my_ver1', 'customer', 'name', null );
    CALL ml_add_column('my_ver1', 'customer', 'phone', null );
    
    CALL ml_add_table_script( 'my_ver1', 'customer', 'upload_insert',
          'INSERT INTO customer ( id, name, phone ) ' 
          || 'VALUES ({ml r.id}, {ml r.name}, {ml r.phone} )' );
    
    CALL ml_add_table_script( 'my_ver1', 'customer', 'download_cursor',
           'SELECT id, name, phone from customer' );
    
    CALL ml_add_table_script( 'my_ver1', 'customer', 'download_delete_cursor', '--{ml_ignore}' );
    COMMIT;
    

    チュートリアルに従って作業する間に、データベースに対してさらに SQL を実行するため、この SQL の実行完了後も、引き続き Interactive SQL を実行し、データベースに接続した状態にします。

  6. 次のコマンドを実行して、Mobile Link サーバを起動します。

    start mlsrv16 -c "DSN=dsn_consol" -v+ -ot mlsrv.txt -zu+

結果

統合データベースが作成され、Mobile Link で使用できるように設定されます。