Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Relay Server

 

Relay Server 設定ファイル

Relay Server 設定ファイルは、Relay Server ファームと、Relay Server ファームに接続するバックエンドサーバファームの両方を定義するために使用します。Relay Server 設定ファイルは、次のセクションに分かれています。

各セクションは、セクションタグで始まります。セクションタグは、セクション名を識別するキーワードを角カッコで囲んだ形式になっています。たとえば [relay_server] は、Relay Server セクションの始まりを示します。

セクションタグの後には、定義されているセクションに関連するさまざまなプロパティを定義する多くの行が続きます。プロパティは、等号の左側にプロパティ名、等号の右側にその値を指定することによって定義されます。たとえば、property name = value。どのセクション名およびプロパティ名も、大文字と小文字が区別されません。コメントは、行の先頭のシャープ記号 (#) 文字によって示されます。

設定ファイルには、7 ビット ASCII 文字以外を含めることはできません。セクションは任意の順序で指定できます。

Relay Server 設定ファイルは、Sybase Central の Relay Server プラグインを使用して作成、インポート、配備できます。

 参照

Relay Server セクション
バックエンドファームセクション
バックエンドサーバセクション
オプションセクション
Relay Server 設定ファイルのフォーマット