Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Relay Server » Relay Server のロギングとログの管理

 

Relay Server Record

Relay Server Record (RSR) は、Relay Server の処理について簡潔にまとめたもので、内容は、要求、タイミング、アフィニティ情報、要求のステータス、データボリュームなどです。RSR はリレー障害の診断やパフォーマンス特性の調査に使用できます。

Relay Server Record は、冗長性が 1 以上に設定されている場合に Relay Server のログの一部として生成されます。

RSR は、Relay Server ログ内の単一行であり、1 つの HTTP 要求の概要を示すさまざまな値が含まれています。Relay Server Record の内容を解釈しやすくするため、Relay Server ログファイルには RSR 値を示すヘッダが付けられています。ヘッダ行は、ファイル内に記述されているシンボルで構成されています。シンボルの規則は次のとおりです。

シンボル データ型
b: バイト数
c: その他の数
i: ID または数値コード
m: ミリ秒単位の時間
x: 16 進数
name:string 可変長の名前付き文字列値。これには、次のものがあります。Relay Server のエラー名、Relay Server のエラーパラメータ、SAP パスポートの情報
oe Outbound Enabler がレポートした要素
up Relay Server からバックエンドへの要求 (応答を除く) に関連付けられている要素
rtp 往復トランスポートおよび、最後の上りパケットと最初の下りパケットの処理に関連付けられている要素
dn バックエンドから Relay Server への要求 (応答を除く) に関連付けられている要素
in 入力の読み込み待機時間
out 入力の書き込み待機時間
A.B B が A の子コンポーネント、サブプロセス、または一部であることを示します。
pkt/packet Relay Server か Outbound Enabler またはその両方が上りまたは下りチャネルでの通信で作成したパケット

記号は (フィールド名として) 結合され、特定の種類のデータを表します。たとえば、m:up.out は、リレー期間内に上りチャネル (up) でパケットの書き込み (.out) に費やした合計時間 (m:) を表します。さらにドット記号 (.) は、outup のサブプロセスであることを示しています。

フィールド名 データ型
x:sfp セッションフィンガープリント (アフィニティ情報のコンポーネント)
i:oe.sidx Outbound Enabler が割り当てたセッションインデックス
flag[0] アフィニティの決定。値:n=new、c=continue、h=homed、r=rene。new は新しいアフィニティ、continue はアフィニティが確立されているセッションの後続の要求、homed は指定のバックエンドサーバとの新しいアフィニティ、renew は競合があるためにアフィニティ情報が更新されて新しいセッションが開かれていることを示します。
flag[1] 要求の永続性。値:p=persistent、n=non-persistent
flag[2] 要求転送のエンコード。値:k=chunked、l=content-length
flag[3] 応答の永続性。値:p=persistent、n=non-persistent、u=unknown
flag[4] 応答転送のエンコード。値:k=chunked、l=content-length、u=unknown
b:up 要求のサイズ (バイト)
b:dn 応答のサイズ (バイト)
c:up:pkt Outbound Enabler が送信した上りの要求パケット数
m:up クライアントからの読み込み、上りチャネルへの書き込み、および要求パケット化のインターリーブに関連した要求リレー時間
m:up.in 要求リレー時間内にクライアントからの要求ペイロードを待機した合計時間
m:up.out リレー時間内に上りチャネルへのパケットの書き込みに費やした合計時間
m:rtp Relay Server とバックエンドサーバの間の、最後の要求パケット送信から、最初の応答パケット受信までの往復処理時間 (バックエンド処理時間を含む)
m:oe:rtp Outbound Enabler とバックエンドサーバの間の、最後の要求パケット送信から、最初の応答パケット受信までの往復処理時間 (バックエンド処理時間を含む)
m:rtp:kpi Relay Server と Outbound Enabler の間の、最後の要求パケットと最初の応答パケットのリレー処理と転送に要した往復時間 (m:rtp - m:oe.rtp)
c:dn.pkt Outbound Enabler から受信した下りの応答パケット数
m:dn 下りチャネルからの読み込みとクライアントへの書き込みのインターリーブに関連した応答リレー時間
m:dn.in 応答リレー時間内に下りチャネルからの応答パケットの待機に費やされた合計時間
m:dn.out 応答リレー時間内にクライアントへの応答ペイロードの書き込み待機に費やされた合計時間
m:oe.dn Outbound Enabler で認識された応答受信時間。この時間は、m:dn.in および m:dn.out の時間と重複します。
m:close m:dn の終了時から rs_client 拡張機能の終了までの経過時間
b:dn.maxLQ この要求のローカル応答パケットキューの最大メモリ使用量
c:dn.maxSQ この要求の共有メモリ応答パケットキューの最大応答パケット数
i:dn.stts HTTP 応答のステータス
i:err エラー ID
i:warn 警告 ID
m:appTO 要求のアプリケーションタイムアウト
err エラーの名前
warn 警告の名前
oe.err Outbound Enabler のエラーの名前
oe.err.p0 Outbound Enabler からの最初のエラーパラメータ
oe.err.p1 Outbound Enabler からの 2 番目のエラーパラメータ
oe.err.p2 Outbound Enabler からの 3 番目のエラーパラメータ
up.ua 要求のユーザエージェントヘッダ
up.uq name=value ペア形式での URL クエリパラメータ。これは、SAP パスポートを使用できない場合に要求内のタグ情報として使用できます。
up.AfHdr アフィニティ
up.cookie 要求の Cookie ヘッダ
N/A

複合要求のプレフィクス (各行の最後に配置)

<processId.threadId.F(BEFarmIdx)B(BEServerIdx)S(BESessionNum)R(RequestIdx)> 
<BEFarmName> 
<BeServerName>

例:

<11436.4592.F0B0S0R0> <RSTEST02.F0> <S0>

Relay Server Record の例を示します。



I. 2012-11-09 02:35:11.296-0500 RSR header: x:sfp  i:oe.sidx  flag       b:up       b:dn |  c:up.pkt       m:up    m:up.in   m:up.out |     m:rtp   m:oe.rtp  m:rtp.kpi |  c:dn.pkt       m:dn    m:dn.in   m:dn.out    m:dn.oe |   m:close | b:dn.maxLQ c:dn.maxSQ | i:dn.stts  i:err i:warn |   m:appTO ...other-variable-length-elements...
I. 2012-11-09 02:35:38.192-0500 RSR row: d9d72990          0 npkpk    1024477    1031252 |       444       2366       2305          0 |      1001        999          2 |       107      17764          0      17741         24 |         0 |     953152         87 |       200      0      0 |     60000 <err:RSE_NO_ERROR> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:> <up.cookie:> <11436.4592.F0B0S0R0> <RSTEST02.F0> <S0>
I. 2012-11-09 02:36:02.278-0500 RSR row: d9d72990          0 cpkpk    1024534    1031211 |       428       2440       2379          0 |      1000        999          1 |       124      17763          0      17741         22 |         0 |     951657        109 |       200      0      0 |     60000 <err:RSE_NO_ERROR> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:ias-rs-sessionid="kCnX2QAAAAAAAAAAUzAA";> <up.cookie:> <11436.4592.F0B0S0R0> <RSTEST02.F0> <S0>
I. 2012-11-09 02:36:26.515-0500 RSR row: d9d72990          0 cnknk    1024529    1031230 |       400       2440       2379          0 |      1000        999          1 |       153      17924          0      17899         22 |         0 |     942016        114 |       200      0      0 |     60000 <err:RSE_NO_ERROR> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:ias-rs-sessionid="kCnX2QAAAAAAAAAAUzAA";> <up.cookie:> <11436.4592.F0B0S0R0> <RSTEST02.F0> <S0>
I. 2012-11-09 02:36:31.830-0500 RSR row: 63685111 4294967295 upkuu    1024000          0 |         0          0       2379          0 |         0          0          0 |         0          0          0          0          0 |      2439 |          0          0 |         0   1001      0 |     60000 <err:RSE_ROOT_FARM_NOT_FOUND_BY_CLIENT> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:> <up.cookie:> <11436.4592.->
I. 2012-11-09 02:36:34.397-0500 RSR row: 592cbcd2 4294967295 upkuu    1024000          0 |         0          0       2362          0 |         0          0          0 |         0          0          0          0          0 |      2422 |          0          0 |         0   1001      0 |     60000 <err:RSE_ROOT_FARM_NOT_FOUND_BY_CLIENT> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:> <up.cookie:> <13896.6936.->
I. 2012-11-09 02:36:36.964-0500 RSR row: de525dfc 4294967295 unkuu    1024000          0 |         0          0       2361          0 |         0          0          0 |         0          0          0          0          0 |      2422 |          0          0 |         0   1001      0 |     60000 <err:RSE_ROOT_FARM_NOT_FOUND_BY_CLIENT> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:> <up.cookie:> <7160.7896.->
I. 2012-11-09 02:36:58.638-0500 RSR row: dff5c798          1 npkpk    1024477    1031252 |       285       2440       2377          0 |      1001       1000          1 |        21      17927          2      17911         51 |         0 |     865392          9 |       200      0      0 |     60000 <err:RSE_NO_ERROR> <warn:RSW_NO_WARNING> <oe.err:N/A> <oe.err.p0:> <oe.err.p1:> <oe.err.p2:> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:> <up.cookie:> <7160.7896.F0B0S1R0> <RSTEST02.F0> <S0>
I. 2012-11-09 03:53:12.359-0500 RSR row: 87293f45          0 cnluu       1515          0 |         2          1          0          0 |         0          0          0 |         1          0          0          0          0 |         1 |          0          0 |         0   4015    103 |    120000 <err:RSE_CLIENT_RSOE_REPORT_SESSION_ERR> <warn:RSW_CONTENT_LENGTH_RESPONSE_NOT_COMPLETED> <oe.err:OEE_RS_IDX_NOT_FOUND(1029)> <oe.err.p0:61166> <oe.err.p1:_unused_> <oe.err.p2:_unused_> <up.userAgent:RSTestClient> <up.uq:> <up.AfHdr:ias-rs-sessionid=RT8phwAA7u4AAAAAUzAA> <up.cookie:> <7800.11500.F0B0S0R0> <RSTEST02.F0> <S0>
 参照