Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Relay Server » Relay Server のロギングとログの管理

 

Relay Server ログファイルのリモート管理

Relay Server ログファイルは、rstool.jarAdminChannel クラスを通じてリモートから管理できます。

コマンドライン:

java ianywhere.ml.rs.AdminChannel [{options}]...

次のうち 1 つ以上のオプションを使用できます。

オプション 説明
-url rsAdminUrl rs_admin 拡張機能へのポインタ
-uid user -pwd password rs_admin へのアクセスを目的とした HTTP 認証用のクレデンシャルを提供
-ping rs_admin 拡張機能への ping を実行
-getRSConfig Relay Server の設定を取得
-setRSConfig Relay Server の設定の更新およびバックアップ
-hello 管理プロトコルバージョンのネゴシエーションと ping を実行
-archiveRSLog 現在オンラインの Relay Server ログファイルのトランケートとアーカイブ
-xol outFile none | beginTime none | endTime nRegex "regex"... Outbound Enabler のアーカイブログかオンラインのログまたはその両方のログからログ行を抽出します。Relay Server が稼動している必要はありません。この機能が実行するのはローカルの抽出だけです。
-xrl outFile none | beginTime none | endTime nRegex "regex"...

Relay Server のアーカイブログかオンラインのログまたはその両方からリモートでログ行を抽出します。

  • *Time は yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS 形式のローカルタイムスタンプです。
  • nRegex は正規表現です。
? | -? | /? | -h | /h この使用方法の説明を出力

例:

java.exe -cp rstool.jar ianywhere.ml.rs.AdminChannel -url https://rs.my.com/rs16/admin/rs_admin.dll -uid me -pwd changit -hello
java.exe -cp rstool.jar ianywhere.ml.rs.AdminChannel -url https://rs.my.com/rs16/admin/rs_admin.dll -uid me -pwd changit -xrl rr.xrl none none 1 "RSR (element|header|row)"