Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 16 へのアップグレード方法 » Mobile Link のアップグレード » SQL Anywhere Mobile Link クライアントのアップグレード

 

リモートの SQL Anywhere データベースの手動でのアンロードおよび再ロード

スキーマの変更やデータベースでのその他の重要な変更などがある場合は、手動でアンロードと再ロードを行う必要があります。

前提条件

バージョン 16 のデータベースでは、次のシステム権限が必要です。

  • BACKUP DATABASE

  • VALIDATE ANY OBJECT

  • SERVER OPERATOR

  • SELECT ANY TABLE

ソフトウェアをアップグレードする場合の一般的な対応策を行います。アップロードと再ロードの注意事項を参照してください。

 ♦ タスク
  1. すべてのデータベースアクティビティを停止します。

  2. 同期が正常に完了してから、リモートデータベースを検証し、バックアップします。

  3. dbtran ユーティリティを実行してデータベースのトランザクションログの開始オフセットと終了オフセットを表示します。終了オフセットをメモしてください。

    ログ変換ユーティリティ (dbtran)を参照してください。

  4. アンロードプロセス中に変更されないように、トランザクションログの名前を変更しておきます。名前変更したログファイルを、オフラインディレクトリなどの安全なロケーションに移動します。

  5. データベースをアンロードします。データベースを別のデータベースに自動的に再ロードする dbunload -a スイッチは使用しないでください。

    アンロードユーティリティ (dbunload)を参照してください。

  6. 新しいデータベースを初期化します。

    初期化ユーティリティ (dbinit)を参照してください。

  7. dbisql を使用してデータを新しいデータベースに再ロードし、dbunload によって生成された reload.sql ファイルを読み込みます。

    Interactive SQL ユーティリティ (dbisql)を参照してください。

  8. 新しいデータベースを停止します。

  9. 新しいデータベースのトランザクションログを消去します。

  10. 次のオプションを使用して、新しいデータベースで dblog を実行します。

    • -z を使用して、メモした終了オフセットを指定します。
    • -x を使用して、相対オフセットをゼロに設定します。

    次に例を示します。

    dblog -x 0 -z 137829 database-name.db

    トランザクションログユーティリティ (dblog)を参照してください。

  11. dbmlsync を起動し、移動した元のログファイルの場所を指定します。

    dbmlsync 構文を参照してください。

  12. 古いログファイルが不要な場合は、データベースオプション delete_old_logs を設定します。

    delete_old_logs オプション [SQL Remote]を参照してください。

結果

リモート SQL Anywhere データベースがアンロードされ、再ロードされます。