Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 16 へのアップグレード方法 » Mobile Link のアップグレード » 統合データベースのアップグレード

 

統合データベースのアップグレード (SQL Anywhere 10.0.0 以降)

新しい Mobile Link サーバとバージョン 10.0.0 以降の既存の SQL Anywhere 統合データベースを使用できるようにするには、アップグレードスクリプトを実行し、新しいシステムオブジェクトをインストールしてください。

前提条件

設定スクリプトを実行するには、現在インストールしている Mobile Link システムテーブルの所有者になっている必要があります。

ロック/ブロック検出ロジックを呼び出すには、MONITOR システム権限が必要です。

内容と備考

Mobile Link システム設定を更新するには、次の方法を使用することもできます。

  • Sybase Central の Mobile Link プラグインで、[Mobile Link 16] » [プロジェクト] » [統合データベース] をクリックし、データベース名を右クリックして、[Mobile Link システム設定のチェック] をクリックします。データベースの設定またはアップグレードが必要な場合は、続行のプロンプトが表示されます。

  • 同期モデル展開ウィザードを使用する場合は、統合データベースに接続するとシステム設定がチェックされます。データベースの設定またはアップグレードが必要な場合は、続行のプロンプトが表示されます。同期モデルを参照してください。

 ♦ タスク
  1. SQL Anywhere ソフトウェアをアップグレードします。

    バージョン 10 以降のデータベースのアップグレードを参照してください。

  2. アップグレード元のバージョン用の適切なアップグレードスクリプトを実行して、Mobile Link システム設定をアップグレードします。

    アップグレードスクリプトは、upgrade_sa.sql という名前です。これは、SQL Anywhere インストール環境の MobiLink\upgrade\version にあります。version は、アップグレード元の SQL Anywhere バージョンを示します。

    たとえば、Interactive SQL からデータベースに接続し、次の文を実行します。

    READ "C:\Program Files\SQL Anywhere 16\MobiLink\upgrade\10.0.x\upgrade_sa.sql"

結果

統合データベースは、新しい Mobile Link サーバとともに使用できるようになりました。