Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » バージョン 16.0 の新機能 » SQL Anywhere の動作の変更

 

SQL 文の動作の変更

次に、SQL Anywhere バージョン 16.0 での SQL の動作の変更を示します。

  • ALTER DATABASE 文   デフォルトで、データベースが停止して、アップグレード後に再起動されます。データベースが再起動されないようにするには、RESTART OFF 句を使用してアップグレード後にデータベースを停止します。ALTER DATABASE 文を参照してください。

  • ビュー定義でサポートされている SELECT *   これまでのリリースでは、SELECT * は、CREATE VIEW 文のメインクエリでのみサポートされていました。現在は、メインクエリ、サブクエリ、派生テーブル、または、CREATE VIEW 文の subselect でサポートされています。 CREATE VIEW 文を参照してください。

  • START DATABASE 文   START DATABASE 文の ON 句は廃止されています。START DATABASE 文は、現在のデータベースサーバ上でのみデータベースを起動できます。従来は、Interactive SQL で ON 句を使用して、使用するデータベースサーバを指定できました。 START DATABASE 文を参照してください。

  • ALTER SERVER 文   ALTER SERVER 文の CONNECTION CLOSE 句はサポートされていません。DROP REMOTE CONNECTION 文を使用します。 DROP REMOTE CONNECTION 文を参照してください。

  • LOAD TABLE 文  

    • STRIP ON 句   LOAD TABLE 文の STRIP ON 句はサポートされていません。代わりに、STRIP RTRIM 句を使用してください。 LOAD TABLE 文を参照してください。

  • SYSUSER システムビューによるスタンドアロンロール情報の格納   従来、SYSUSER システムビューはシステム内のユーザのみを格納していました。現在、このビューにはスタンドアロンロール (ユーザと関連のないロール) も格納されるようになりました。ただし、これらのロールで意味を持つのは、user_id、object_id、user_name、user_type カラムのみです。 SYSUSER システムビューを参照してください。