Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 16 へのアップグレード方法 » データベースミラーリングシステムでのアップグレードと再構築

 

データベースの再構築を行わずにデータベースサーバのソフトウェアをデータベースミラーリングシステム用のサポートパッケージにアップグレード

ミラーリングシステムのデータベースサーバのソフトウェアを更新するには、各サーバを停止し、ソフトウェアをインストールし、新しいサーバ上でデータベースを起動します。

前提条件

BACKUP DATABASE システム権限が必要です。データベースの所有者であるか、VALIDATE ANY OBJECT システム権限を持っている必要があります。

デフォルトでは、ネットワークデータベースサーバの停止には SERVER OPERATOR システム権限が必要です。

内容と備考

システムのサーバは 1 台ずつしか停止できないため、サーバソフトウェアのサポートパッケージの更新中、ミラーリングシステムは動作を続行できます。更新プロセス中、プライマリサーバからミラーサーバへのフェイルオーバが少なくとも 1 回発生します。フェイルオーバ中、プライマリサーバとミラーサーバへの接続は切断されます。

運用環境で手順を実行する前に、アプリケーションを使用して非運用環境で次の手順をテストします。

 ♦ データベースミラーリングシステムにサポートパッケージを適用します。
  1. プライマリデータベースのバックアップを作成し、そのバックアップをコピーして検証します。

    たとえば、次のコマンドを実行して、mydb.db という名前のデータベースをバックアップします。

    dbbackup -c "DBN=mydb;ENG=myserver;UID=DBA;PWD=sql" backup-dir

    バックアップのコピーを作成します。

    xcopy backup-dir\*.db validatebackup-dir\backupmydb.db

    バックアップのコピーを検証します。

    dbvalid -c "DBF=validatebackup-dir\backupmydb.db;UID=DBA;PWD=sql"

    バックアップのコピーの検証が失敗した場合は、先に進む前に検証失敗の原因となった問題を修正します。修正を行わないと、データを失うリスクがあります。

  2. ミラーリングシステムが読み込み専用のスケールアウトシステムの一部である場合、各コピーノードで以下を行います。

    1. コピーノードサーバを停止します。

    2. ソフトウェアをインストールします。

    3. コピーノードを起動します。

  3. ミラーサーバを停止します。

  4. ミラーサーバにソフトウェアをインストールします。

  5. ミラーサーバを起動し、同期状態になっていることを確認します。

  6. 監視サーバを停止します。

  7. 監視サーバにソフトウェアをインストールします。

  8. 監視サーバを起動します。

  9. プライマリデータベースに接続し、次の文を実行して、フェイルオーバを開始します。

    ALTER DATABASE SET PARTNER FAILOVER;

    フェイルオーバ中、プライマリサーバとミラーサーバへの接続は切断されます。現在のプライマリサーバがミラーサーバになります。

  10. ミラーサーバを停止します。

  11. ミラーサーバにソフトウェアをインストールします。

  12. ミラーサーバを起動し、同期状態になっていることを確認します。

結果

ミラーリングシステムのデータベースは、ソフトウェアの新しいバージョンで実行されます。

次の手順

データベースミラーリングシステムを検査し、アップグレードが正常に完了したことを確認すると同時に、データベースミラーリングシステムをアプリケーションでテストします。

 参照