Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 16 へのアップグレード方法 » バージョン 10 以降のデータベースの再構築手順

 

データベースの再構築 (Sybase Central)

データベースアンロードウィザードを使用して、バージョン 10 以降の SQL Anywhere データベースを最新バージョンにアップグレードできます。

前提条件

ソフトウェアをアップグレードする場合の一般的な対応策を行います。アップロードと再ロードの注意事項を参照してください。

SELECT ANY TABLE および SERVER OPERATOR システム権限が必要です。

データベースのアンロードと再ロードを行う前に、データベースをバックアップしてください。次に例を示します。

dbbackup -c "DBF=mydb.db;UID=DBA;PWD=sql" old-db-backup-dir
 ♦ データベースの再構築 (Sybase Central)
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. アップグレードするデータベースを実行するためにバージョン 16 のデータベースサーバを起動してから、Sybase Central からデータベースに接続します。

  3. [ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースのアンロード] をクリックします。

  4. データベースアンロードウィザードの最初のページの説明を読んで、[次へ] をクリックします。

  5. [現在のバージョンのサーバで実行中のデータベースをアンロードする] をクリックし、リストからデータベースを選択します。[次へ] をクリックします。

  6. [新しいデータベースへのアンロードと再ロード] を選択します。[次へ] をクリックします。

  7. データベースの新しいファイル名を指定します。

  8. 新しいデータベースのページサイズを指定することもできますが、指定するページサイズは、データベースサーバのページサイズ以下である必要があります。デフォルトのページサイズは 4096 バイトです。必要に応じてデータベースファイルを暗号化できます。強力な暗号化を選択した場合は、データベースを起動するたびに暗号化キーが必要です。[次へ] をクリックします。

  9. [構造とデータをアンロード] をクリックします。必要に応じて、他のオプションも選択します。[次へ] をクリックします。

  10. [すべてのデータベースオブジェクトをアンロード] をクリックします。[次へ] をクリックします。

  11. アンロード/再ロードが完了したときに新しいデータベースに接続するかどうかを指定します。

  12. [完了] をクリックすると、処理が開始します。

結果

データベースが最新バージョンにアップグレードされます。デフォルトでは、データベースが停止されてから再起動されます。

次の手順

新しいデータベースを検査し、再構築が正常に完了したことを確認すると同時に、アップグレードされたデータベースをアプリケーションでテストします。

 参照