Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 16 へのアップグレード方法 » バージョン 10 以降のデータベースのアップグレード手順

 

バージョン 10 以降のデータベースのアップグレード (Sybase Central)

データベースアップグレードウィザードを使用してシステムテーブル、システムプロシージャ、データベースオプションを追加、変更することにより、バージョン 10 以降のデータベースをアップグレードし、バージョン 16 の機能を有効にすることができます。

前提条件

次のシステム権限が必要です。

  • ALTER DATABASE ...

  • BACKUP DATABASE

  • SERVER OPERATOR

ソフトウェアをアップグレードする場合の一般的な対応策を行います。アップロードと再ロードの注意事項を参照してください。

警告

データベースファイルをバックアップしてからアップグレードしてください。既存のファイルにアップグレードを適用した場合、アップグレードに失敗すると、これらのファイルは使用できなくなります。データベースをバックアップするには、BACKUP DATABASE システム権限が必要です。データベースのバックアップの詳細については、バックアップとデータリカバリを参照してください。

内容と備考

データベースアップグレードウィザードでは、バージョン 9.0.2 以前のデータベースをバージョン 16 にアップグレードすることはできません。バージョン 9.0.2 以前の既存のデータベースをバージョン 16 にアップグレードするには、dbunload またはデータベースアンロードウィザードを使用してデータベースをアンロードし、再ロードする必要があります。 バージョン 9 以前のデータベースのアップグレードを参照してください。

 ♦ データベースのアップグレード (Sybase Central)
  1. ソフトウェアをアップグレードする場合の一般的な対応策を行います。アップロードと再ロードの注意事項を参照してください。

  2. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  3. [SQL Anywhere 16] のプラグインから、アップグレードするデータベースに接続します。データベースはバージョン 16 のデータベースサーバで実行されている必要があります。

  4. [ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースのアップグレード] をクリックします。

  5. データベースアップグレードウィザードの指示に従います。デフォルトでは、データベースが停止されてから再起動されます。

  6. (省略可) アップグレードしたデータベースを使用する前に、データベースを停止し、トランザクションログをコピーしてアーカイブすることをウィザードで選択しなかった場合は、その操作を行います。

    ヒント

    データベースアップグレードウィザードは、次の方法でもアクセスできます。

    • データベースを右クリックし、[データベースのアップグレード] をクリックします。

    • データベースを選択し、[ファイル] » [データベースのアップグレード] をクリックします。

結果

データベースがアップグレードされ、新しい、および修正されたシステムテーブル、システムプロシージャ、データベースオプションを含むようになります。

次の手順

新しいデータベースを検査し、アップグレードが正常に完了したことを確認すると同時に、アップグレードされたデータベースをアプリケーションでテストします。

 参照