Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 16 へのアップグレード方法 » Ultra Light のアップグレード

 

Ultra Light データベースのアップグレード (Linux)

旧バージョンのユーザは、次の手順に従って、データベースをバージョン 16 に再構築できます。

前提条件

  • データベースを作成したバージョンの SQL Anywhere をインストールしてください。

  • 既存の Ultra Light データベースのバックアップコピーを作成してください。

  • 同期されていない変更が含まれている可能性がある運用データベースの場合は、データベースを同期します。

内容と備考

Ultra Light バージョン 16 は、以前のバージョンのソフトウェアを使用して作成された Ultra Light データベースを読み込むことができません。

 ♦ タスク
  1. データベースの内容で XML ファイル (複数可) を作成します。

    コマンドプロンプトで %SQLANY%/bin32 (%SQLANY% は前の SQL Anywhere がインストールされている場所) に移動し、データベースに対して ulunload ユーティリティを実行します。

  2. Ultra Light バージョン 16 ulload ユーティリティを使用するか、Sybase Central の Ultra Light 16 プラグインでデータベースロードウィザードを使用して、スキーマとデータを新しいバージョン 16 のデータベースにロードします。

    Ultra Light データベースのデフォルトは UTF8 エンコーディングです。このエンコードがニーズに適合しない場合は、utf8_encoding パラメータを明示的にオフに設定する必要があります。

  3. 生成された XML ファイルをチェックして、UTF-8 エンコーディングの設定を確認します。

結果

Ultra Light データベースが最新バージョンにアップグレードされます。

 参照