Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » [ODBC 設定] ウィンドウのヘルプ » SQL Anywhere の ODBC ドライバ

 

[SQL Anywhere の ODBC 設定] ウィンドウ:[ODBC] タブ

このタブは、ODBC データソースを作成または変更するときのみ表示されます。

  • [データソース名]   この ODBC データソースを識別する名前を入力します。データソースに対して任意の記述名を使用できますが (スペースも可)、接続文字列に入力しなければならない場合があるので、短い名前にしておくことをおすすめします。DataSourceName (DSN) 接続パラメータを参照してください。

  • [説明]   データソースの説明を入力できます。この説明は、ユーザ本人またはエンドユーザが、使用可能なデータソースリストからこのデータソースを識別するのに便利です。このフィールドはオプションです。

  • [独立性レベル]   数値を入力して、このデータソースの初期独立性レベルを指定します。

    • 0   これはコミットされない読み出し独立性レベルとも呼ばれます。これは最大レベルの同時実行性を提供しますが、結果セットにダーティリード、繰り返し不可能読み出し、幻ローが発生する場合があります。これはデフォルトの独立性レベルです。

    • 1   これはコミットされた読み出しレベルとも呼ばれます。レベル 0 よりも低い同時実行性を提供しますが、レベル 0 の結果セットに見られる不整合性が一部解消されます。繰り返し不可能読み出しや幻ローが発生することはありますが、ダーティリードは発生しません。

    • 2   これは繰り返し可能読み出しレベルとも呼ばれます。幻ローが発生することがあります。ダーティリードと繰り返し不可能ローは発生しません。

    • 3   これは、直列化可能レベルとも呼ばれます。これは最低レベルの同時実行性を提供する、最も厳しい独立性レベルです。ダーティリード、繰り返し不可能読み出し、幻ローは発生しません。

    • [snapshot]   この独立性レベルは、トランザクションが最初のローの読み込み、挿入、更新、または削除を行った時点から、コミットされたデータのスナップショットを使用します。

    • [statement-snapshot]   この独立性レベルは、文で最初のローが読み込まれた時点から、コミットされたデータのスナップショットを使用します。トランザクション内の各文で参照されるデータのスナップショットはそれぞれ異なる時点のものになります。

    • [readonly-statement-snapshot]   読み込み専用の文についてのみ、この独立性レベルは、最初のローが読み込まれた時点から、コミットされたデータのスナップショットを使用します。トランザクション内の各文で参照されるデータのスナップショットはそれぞれ異なる時点のものになります。INSERT 文、UPDATE 文、DELETE 文については、updatable_statement_isolation オプションに指定された独立性レベル (0 (デフォルト)、1、2、3 のいずれか) を使用します。updatable_statement_isolation オプションを参照してください。

    独立性レベル選択のガイドラインを参照してください。

  • [Microsoft アプリケーション (SQLStatistics のキー)]   SQLStatistics 関数によって外部キーが戻されるようにするには、このオプションを選択します。ODBC 仕様では、SQLStatistics によってプライマリキーと外部キーが戻されないように指定しています。しかし、一部のアプリケーション (Microsoft Visual Basic や Microsoft Access など) では、SQLStatistics によってプライマリキーと外部キーが戻されることを前提にしています。

  • [Delphi アプリケーション]   Embarcadero Delphi アプリケーション開発ツールを使用して、データソースを生成するアプリケーションを作成する場合、このオプションを選択します。

    このオプションが選択されると、ブックマーク値が各ローに 1 つずつ割り当てられます。オフのときは、2 つずつ割り当てられます。この場合、1 つは前方をフェッチし、もう 1 つは後方をフェッチします。

    Delphi では、1 ローにつき複数のブックマーク値を処理できません。このオプションがクリアされると、スクロール可能なカーソルのパフォーマンスに影響を及ぼします。これは、正しいブックマーク値を得るために、必ずカーソルの先頭から要求したローまでスクロールが行われる必要があるためです。

  • [フェッチ警告を表示しない]   このパラメータを選択すると、フェッチ時にデータベースサーバから返される警告メッセージが表示されなくなります。

    バージョン 8.0 以降のデータベースサーバでは、それよりも前のバージョンのソフトウェアに比べて多様なフェッチ警告が返されます。以前のバージョンの SQL Anywhere ソフトウェアを使用して配備されたアプリケーションに対して、フェッチの警告を適切に処理するためにこのオプションを選択できます。

  • [ドライバに起因するエラーを回避]    SQL Anywhere ODBC ドライバは、修飾子をサポートしていないため「ドライバが動作しません。」というエラーを返します。ODBC アプリケーションの中には、このエラーを適切に処理しないものもあります。このようなアプリケーションでも作業できるように、このエラーコードが返されないようにするには、このオプションを選択します。

  • [文が完結するまでオートコミットしない]   文が完了するまでコミットオペレーションを遅延させるには、このオプションを選択します。

  • [カーソル動作の記述]   プロシージャが実行されたときにカーソルを再記述する頻度を選択します。デフォルト設定は [任意] です。

    • [しない]   カーソルの再記述が不要であることがわかっている場合は、このオプションを選択します。カーソルの再記述は負荷が高く、パフォーマンスを低下させる可能性があります。

    • [任意]   このオプションを選択すると、カーソルを再記述する必要があるかどうかを ODBC ドライバが決定します。プロシージャに RESULT 句があると、ODBC アプリケーションは、カーソルを開いた後結果セットを再記述できません。これはデフォルトです。

    • [常に]   カーソルを開くたびに再記述します。Transact-SQL プロシージャや、複数の結果セットを返すプロシージャを使用する場合は、カーソルを開くたびに再記述する必要があります。

  • [接続テスト]   指定した情報で正しく接続できるかどうかをテストします。テストを実行するには、ユーザ ID とパスワードを [ログイン] タブで指定しておく必要があります。

 参照