Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[接続プロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [接続 ID]   ユーザの接続 ID が表示されます。ユーザがデータベースに接続すると、その接続にユニークな接続 ID が割り当てられます。以降、データベースに接続するたびに、接続 ID の値が 1 ずつ増えます。

  • [タイプ]   オブジェクトのタイプが表示されます。

  • [ユーザ]   データベースユーザ ID が表示されます。

  • [接続名]   ユーザが接続しているデータベースの接続名が表示されます。接続に名前を付けると、同じデータベースへの複数の接続や、同じまたは異なるデータベースサーバへの複数の接続を簡単に識別できるようになります。

  • [通信リンク]   ユーザの接続に使用する通信リンクのタイプが表示されます。SQL Anywhere クライアントとネットワークデータベースサーバを接続する場合、リンクタイプは、使用するネットワークプロトコルを表します。

  • [ノードアドレス]   クライアント/サーバ接続のクライアント側に対応するノードが表示されます。クライアントとサーバの両方が同じコンピュータにある場合は、空の文字列を返します。

  • [最終要求タイプ]   最終要求のタイプが表示されます。

  • [最終要求時刻]   この接続に対する最終要求の開始時刻が表示されます。

  • [接続のブロック]   接続をブロックするかどうかが表示されます。現在の接続がブロックされていない場合は、このフィールドは空白です。ブロックされている場合は、接続がブロックされている接続番号がこのフィールドに表示されます。

 参照