Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » [接続] ウィンドウのヘルプ

 

[接続] ウィンドウ:[汎用 ODBC データベースに接続]

  • [データベースタイプを変更]   別の接続先のデータベースタイプが存在する場合は、クリックして選択します。

  • 次の値は、データベースに対してユーザ自身を識別するために使用します。   ユーザ ID とパスワードを使用してデータベースに接続します。

    • [ユーザ ID]   接続時のユーザ ID を入力します。データベースに接続するためのパーミッションを持つユーザ ID を指定してください。

    • [パスワード]   接続時のパスワードを入力します。

ヒント

ユーザ ID またはデータベース名など、[接続] ウィンドウで入力したすべての情報は、ODBC データソースまたは ODBC データソースファイルに格納されているパラメータよりも優先されます。

  • [ODBC データソース名]   このオプションを選択して、データベースに接続するためのデータソース (格納されている一連の接続パラメータ) を選択します。このフィールドは DSN 接続パラメータに相当し、レジストリ内のデータソースを参照しています。データソースのリストを表示するには、[参照] をクリックします。DataSourceName (DSN) 接続パラメータを参照してください。

    • [ODBC データ ソース アドミニストレータを開く] ボタン   [ODBC データ ソース アドミニストレータを開く] ボタンをクリックすると、[ODBC データソースアドミニストレータ] ウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、利用できるデータソースのリストから特定の ODBC データソースを選択できます。データソースを選択するには、そのデータソースをリストから選択してから [OK] をクリックします。

      また、新しいデータソースを作成したり、既存のデータソースをこの接続用に設定したりすることもできます。ODBC データソースを参照してください。

  • [ODBC データソースファイル]   このオプションを選択して、接続で使用するデータソースファイルを選択します。ファイルを検索するには、[参照] をクリックします。ODBC データソースファイルは、UNIX システムでよく使用されます。ファイルデータソースは、レジストリに保管される ODBC データソースと同じ情報を持ちます。FileDataSourceName (FILEDSN) 接続パラメータを参照してください。

 [ツール]
 参照