Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[同期プロファイルのプロパティ] ウィンドウ:[詳細 Dbmlsync]

このタブには次の項目があります。

  • [Mobile Link パスワード]  

    • [パスワード]   ユーザのパスワードを入力します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。パスワードを参照してください。

    • [新しいパスワード]   ユーザの新しいパスワードを入力します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。

    • [新しいパスワードの確認]   [新しいパスワード] フィールドに入力したパスワードをもう一度入力して確認します。2 つのフィールドの内容は、完全に一致している必要があります。

  • [冗長性]   dbmlsync のメッセージログファイルにログを取り、dbmlsync のメッセージウィンドウに表示する情報を指定できます。冗長レベルが高すぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるため、通常は、冗長レベルを高くするのは開発段階のみとしてください。-v dbmlsync オプションを参照してください。

    • [なし]   ロギングを無効にするには、このオプションを選択します。これはデフォルトです。

    • [基本 + 次の設定]   少量の情報のログを取るように指定するには、このオプションを選択します。次の 1 つまたは複数の設定を選択します。

      • [アップロード]   アップロードストリームに関する情報のログを取ります。VerboseUpload (vu) 拡張オプションを参照してください。

      • [ダウンロード]   ダウンロードストリームに関する情報のログを取ります。

      • [ロー数]   アップロードとダウンロードされたロー数のログを取ります。VerboseRowCounts (vn) 拡張オプションを参照してください。

      • [ローデータ]   アップロードとダウンロードされたローの値のログを取ります。VerboseRowValues (vr) 拡張オプションを参照してください。

      • [オプション]   dbmlsync を起動するときに指定したコマンドラインオプション (拡張オプションを含む) に関する情報のログを取ります。Verbose (v) 拡張オプションを参照してください。

      • [フック]   フックスクリプトに関連するメッセージのログを取ります。VerboseHooks (vs) 拡張オプションを参照してください。

    • [高]   すべてのログオプションをオンにするには、このオプションを選択します。冗長レベルが高すぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるため、通常は、冗長レベルを高くするのは開発段階のみとしてください。-v dbmlsync オプションを参照してください。

    • [接続文字列]   dbmlsync のメッセージログに接続文字列を含めるには、このオプションを選択します。

    • [Mobile Link パスワード]   dbmlsync のメッセージログにパスワードを含めるには、このオプションを選択します。

  • [バックグラウンド同期]   データをアップロードおよびダウンロードするときに dbmlsync が使用するキャッシュのサイズを制御するオプションを指定できます。

    • [バックグラウンド同期の有効化]   このオプションを選択すると、バックグラウンド同期が有効になります。

      • [中断された同期の再試行回数]  

        • [最大] を選択して、整数値を指定します。dbmlsync は、同期が完了するまで、最大で指定した回数だけ試行します。指定された回数を試行しても同期が完了しない場合は、中断せずに完了できるよう、フォアグラウンドの同期として実行します。

          0 を指定した場合、dbmlsync は中断された同期を再試行しません。Background 同期プロファイルオプションを参照してください。

        • [無制限] を選択すると、dbmlsync は、成功か失敗かにかかわらず、中断された同期が完了するまで、中断されることなく再試行します。BackgroundRetry 同期プロファイルオプションを参照してください。