Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[マテリアライズドビューのプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [名前]   マテリアライズドビューの名前が表示されます。

  • [タイプ]   ビューのタイプが表示されます。

  • [所有者]   ビューを所有するデータベースユーザが表示されます。

  • [DB 領域]   ビューが格納されているデータベースファイル (または DB 領域) が表示されます。

  • [ステータス]   ビューのステータスが表示されます。ステータスが Enabled の場合は、データベースサーバがビューを使用できます。このステータスは、ALTER MATERIALIZED VIEW 文の ENABLED 句と同義です。ステータスが Disabled の場合は、ユーザが明示的にビューを無効にしています。

    マテリアライズドビューのステータス高度:マテリアライズドビューのステータスとプロパティを参照してください。

    • [再コンパイルして有効にする]   このボタンをクリックすると、ビューが再コンパイルされて有効になり、使用できるようになります。その後、[すぐに再表示] をクリックしてビューを再表示してから、インデックスを再構築します。必要な場合は、ビューを即時ビューに戻します。マテリアライズドビューの有効化または無効化を参照してください。

    • [すぐに無効にする]   このボタンをクリックするとビューが無効になります。マテリアライズドビューを無効にすると、そのビューのデータとインデックスは削除されます。また、即時ビューを無効にすると、手動ビューに変わります。マテリアライズドビューの定義はデータベースサーバによってデータベース内に保持されます。

      マテリアライズドビューに依存する通常のビューは、ビューが無効になると、データベースサーバによって自動的に無効になります。マテリアライズドビューの有効化または無効化を参照してください。

  • [最適化に使用]   このオプションを選択すると、オプティマイザによってマテリアライズドビューを使用できるようにするかどうかを指定できます。無効になっているビューはオプティマイザで無視されます。ビューを無効にしても [最適化に使用] オプションは選択されたままなので、ビューを再び有効にすると設定が考慮されます。ヒント:マテリアライズドビューを使ったクエリのパフォーマンス改善を参照してください。

  • [初期化済み]   ビューが初期化済みかどうかを示します。データベースサーバが利用できるように、マテリアライズドビューを初期化する必要があります。ビューを初期化するには [すぐに再表示] をクリックします。

    • [すぐに再表示]   このボタンをクリックすると、ビューが再表示されます。実行する再表示のタイプを指定するプロンプトが表示されます。REFRESH MATERIALIZED VIEW 文を参照してください。

    • [すぐにトランケート]   このボタンをクリックすると、ビュー内のすべてのローが削除され、初期化されていない状態になります。TRUNCATE 文を参照してください。

  • [再表示タイプ]   ビューが手動ビューであるか、即時ビューであるかを指定します。デフォルトは [手動] です。

    • [手動]   このビューは手動で再表示する必要があります。手動ビューは、再表示を明示的に要求するまで再表示されないので、データが古くなる可能性があります。再表示タイプの手動または即時への設定を参照してください。

      このオプションを選択すると、即時ビューが手動ビューに変わります。

    • [即時]   このビューは、ビュー内のデータに影響する、基本となるデータの変更直後にデータベースサーバによって自動的に再表示されます。即時ビューを無効にすると、手動ビューに変わります。再度有効にすると、即時ビューに戻す必要があります。再表示タイプの手動または即時への設定を参照してください。

      手動ビューを即時ビューに変更する方法については、高度:マテリアライズドビューの再表示タイプの変更を参照してください。

  • [即時互換]   ビューに、即時ビューとの互換性があるかどうかを指定します。即時ビューに互換性がない場合は、[詳細] をクリックすると、理由の説明が表示されます。

  • [最終再表示時刻]   ビューが最後に再表示された日時が表示されます。

  • [既知の失効時刻]   ビューが失効したと認識された時刻が表示されます。このプロパティは手動ビューだけが対象で、基本となるベーステーブルが変更された時刻に対応します。

  • [コメント]   ビューの説明を入力します。たとえば、システムにおけるそのビューの目的を、この領域に記述できます。データベースドキュメントウィザードを使用して、SQL Anywhere データベースをドキュメント化する場合、これらのコメントを出力に含めることができます。データベースのドキュメント化を参照してください。

 参照