Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » [マッピング] タブ » [マッピング]:[詳細]

 

[競合の処理] タブ

[競合の処理] タブでは、統合データベースとリモートデータベースの両方でローが変更されたときの動作を定義できます。

  • [競合の検出]   このオプションは、競合が検出されたときを判別します。競合の解決メカニズムは、競合が検出されたときにだけアクティブ化されます。

    ドロップダウンリストから、次のオプションのいずれかを選択します。

    • [ローベース]   最後の同期後に、リモートデータベースと統合データベースの両方でローが更新されていた場合に競合が検出されます。

    • [カラムベース]   リモートデータベースと統合データベースの両方で、ローの同じカラムが更新されていた場合にのみ競合が検出されます。それ以外の場合は、アップロードされたカラムの更新だけが適用されます。テーブルに BLOB のカラムがある場合は、ローベースの競合の検出を使用する必要があります。

  • 競合の解決   ドロップダウンリストから、次の競合の解決オプションのいずれかを選択します。

    • [統合]   先入れ勝ちです。アップロードされた更新が競合する場合は拒否されます。

    • [リモート]   後入れ勝ちです。アップロードされた更新が常に適用されます。

    • [タイムスタンプ]   維持しているタイムスタンプカラムを使用して、新しい変更の勝ちです。タイムスタンプカラムに、ローが最後に変更された時刻が記録されます。このカラムは、リモートテーブルと統合テーブルの両方に存在し、また同期に含まれる必要があります。これを機能させるには、リモートデータベースと統合データベースで同じタイムゾーン (UTC を推奨) を使用し、かつクロックが同期されている必要があります。

      • [タイムスタンプ] カラム   タイムスタンプカラムを入力します。

    • [カスタム]   resolve_conflict スクリプトを自動的に生成しないで独自に作成します。スクリプトは [イベント] タブで作成できます。