Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » [マッピング] タブ » [マッピング]:[詳細]

 

[削除のダウンロード] タブ

[削除のダウンロード] タブは、[ダウンロードタイプ] で選択したダウンロードタイプが [カスタム] ではない場合に適用されます。

このタブでは、統合データベースでの削除をリモートにダウンロードするかどうか、およびこのような削除に関する情報を統合データベースにどのように保存するかを制御できます。[削除のダウンロード] タブには、選択したテーブルについて次の情報が表示されます。

  • [削除のダウンロード]   このチェックボックスをオンにすると、統合データベースで削除されるデータは、リモートデータベースでも削除されます。

    スナップショットダウンロードを使用し、このオプションを選択した場合、リモートデータベースの既存のローすべてが、ダウンロードされたローの追加前に削除されます。

    タイムスタンプベースの同期を使用し、このオプションを選択した場合、統合データベースでの削除は記録する必要があります。記録するには、次の 2 つの方法があります。シャドウテーブルを使用する方法 (デフォルト)、または論理削除を使用する方法です。

    ダウンロードタイプが [カスタム] の場合は、このオプションを選択できません。この場合は、独自の download_delete_cursor スクリプトを作成する必要があります。スクリプトは [イベント] タブで作成できます。

    • [シャドウテーブルを使用して削除を記録する]   統合データベースでの削除の追跡にシャドウテーブルを使用するには、このオプションを選択します。

      シャドウテーブルは、ローが削除されたときを示すタイムスタンプとともに、同期されるテーブルのプライマリキーカラムを含む別個のテーブルです。ローが統合テーブルから削除されると、対応するローがシャドウテーブルに追加され、リモートデータベースにダウンロードできるように削除を記録します。シャドウテーブルは統合テーブルと同じ所有者で作成されます。

      • [タイムスタンプカラム名]   タイムスタンプカラムの名前を指定します。デフォルトの [タイムスタンプカラム名]last_modified です。

    • [論理削除を使用する]   統合データベースで論理削除を使用し、統合データベースの削除を追跡するには、このオプションを選択します。論理削除では、ローが有効であるかどうかを追跡するステータスカラムを使用します。次のオプションでは、ステータスカラムが削除を追跡する方法を指定します。

      • [カラム名]   ローが削除されたかどうかを示すカラムの名前を指定します。このカラムがない場合は追加されます。デフォルト名は deleted です。

      • [ローが削除されたことを示す値]   ローが削除された場合に生成される値を指定します。デフォルトは Y です。

      • [ローが削除されていないことを示す値]   ローが削除されていない場合に生成される値を指定します。デフォルトは N です。

 参照