Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プロファイラのヘルプ

 

[ウォッチマネージャ] ウィンドウ

ウォッチマネージャでは、警告を受信した同期や長時間を要する同期など、指定した基準を満たす同期を視覚的に区別できます。

このタブには次の項目があります。

  • [使用可能なウォッチ] リスト   このウィンドウ枠には、使用可能なすべてのウォッチがリストされます。事前に定義されたウォッチが 4 つ ([アクティブ][ブロック][完了][失敗]) あります。新規ウォッチを作成すると、このウォッチリストに追加されます。

    • [新規]   [新しいウォッチ] ウィンドウを開き、新規ウォッチを作成できます。

    • [編集]   [ウォッチの編集] ウィンドウを開き、ウォッチ条件の追加または削除、選択したウォッチの同期画面の設定ができます。[使用可能なウォッチ] リストにある任意のウォッチを編集できます。事前に定義されたウォッチ ([アクティブ][ブロック][完了][失敗]) の場合は、[チャートパターン][概要の色] だけを変更できます。

    • [削除]   選択したウォッチを [使用可能なウォッチ] ウィンドウ枠から削除します。事前に定義されたウォッチは削除できません。

  • [現在のウォッチ] リスト   アクティブなウォッチを優先順位に基づいてリストします。これらのウォッチを編集して、表示方法を変更できます。また、[現在のウォッチ] ウィンドウ枠から削除すると、これらのウォッチを非アクティブにできます。

    [現在のウォッチ] ウィンドウ枠でのウォッチの順序は重要です。リストの上にあるウォッチから先に処理されます。[上へ移動] ボタンと [下へ移動] ボタンを使用して、[現在のウォッチ] ウィンドウ枠でのウォッチの順序を編成できます。

    • [上へ移動]   [現在のウォッチ] ウィンドウ枠のリストで、選択したウォッチを 1 つ上の位置に移動します。

    • [下へ移動]   [現在のウォッチ] ウィンドウ枠のリストで、選択したウォッチを 1 つ下の位置に移動します。

  • [追加]   [使用可能なウォッチ] ウィンドウ枠で選択したウォッチを [現在のウォッチ] のリストに追加します。

  • [削除]   選択したウォッチを [現在のウォッチ] のリストから削除します。

  • [すべて追加]   使用可能なすべてのウォッチを [現在のウォッチ] ウィンドウ枠に追加します。

  • [すべて削除]   [現在のウォッチ] ウィンドウ枠からすべてのウォッチを削除します。

 参照