Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[ディレクトリアクセスサーバのプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

ディレクトリアクセスサーバは、データベースサーバを実行しているコンピュータのローカルファイル構造へのアクセスを可能にするリモートサーバです。コンピュータのサブフォルダにアクセスするには、プロキシテーブルを使用します。

このタブには次の項目があります。

  • [タイプ]   オブジェクトのタイプを示します。

  • [ディレクトリ情報]   ルートディレクトリに関する情報が表示されます。

  • [ルートディレクトリ]   このディレクトリアクセスサーバのルートディレクトリのパスが表示されます。このディレクトリアクセスサーバのプロキシテーブルを作成するときに、このルートディレクトリが基準になります。

  • [サブディレクトリ]   このディレクトリアクセスサーバからアクセス可能なサブフォルダのレベル数が表示されます。この値は 0 ~ 10 の範囲内である必要があります。値が 0 の場合、ルートディレクトリにあるファイルにのみ、ディレクトリアクセスサーバ経由でアクセスできます。ディレクトリアクセスサーバ経由で使用できるディレクトリまたはサブフォルダのいずれかにプロキシテーブルを作成できます。

  • [ディレクトリ作成]   ディレクトリアクセスサーバを使用してディレクトリを作成できるかどうかが表示されます。

  • [読み込み専用]   ルートディレクトリが読み込み専用かどうかが表示されます。

  • [ファイル名デリミタ]   このディレクトリアクセスサーバに対して選択されているファイル名デリミタのタイプが表示されます。

 参照