Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » エラーメッセージ » Relay Server のエラーメッセージ

 

Relay Server のエラーメッセージ (エラーコード順)

エラーコード メッセージテキスト
0 RSE0: エラーはありません
1000 RSE1000: クライアントはバックエンドファームが指定されていない URL を使用しました
1001 RSE1001: クライアントは URL で認識されないファーム名 '%1' を指定しました
1002 RSE1002: Outbound Enabler で認識されないファーム名 '%1' を指定しました
1003 RSE1003: クライアントからのデコードセッション ID '%1' は失敗しました
1004 RSE1004: Outbound Enabler が無効なファームインデックスで接続しようとしました : %1
1005 RSE1005:Relay Server の設定要求はキャンセルされました
1006 RSE1006: SA モニタコマンドの待機中に SA がタイムアウトしました
1007 RSE1007: SA モニタは途中で切断されました
1008 RSE1008: SA モニタ要求を読み込んでいるときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
1009 RSE1009: SA モニタに応答を書き戻しているときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
1010 RSE1010: 設定を同時に更新できません
1011 RSE1011: URL で無効または不正なセッションパラメータが発生しました : '%1'
1012 RSE1012: Outbound Enabler からの要求はチャンクしないでください
1013 RSE1013: Outbound Enabler からの要求は最小パケットサイズより小さくできません
1014 RSE1014: Outbound Enabler からの最初のパケットを待機しているときにタイムアウトしました
1015 RSE1015: Outbound Enabler から無効な最初の '%1' パケットです
1016 RSE1016: ファーム '%2' でサーバ '%1' の上りチャネルを切断しているときにタイムアウトしました
1017 RSE1017: ソフトシャットダウン中に下りチャネルおよびクライアントが共有メモリから切断するのを待機しているときに、タイムアウトしました
2000 RSE2000: バックエンドファーム '%1' は現在無効です
2001 RSE2001: ファーム '%1' でクライアントセキュリティ要件が満たされていません
2002 RSE2002: アプリケーションタイムアウトの %2 秒以内にクライアント要求をファーム '%1' のバックエンドサーバに割り当てることができませんでした
2003 RSE2003: バックエンドサーバ '%1' がファーム '%2' で見つからなかったため、クライアントからのセッション ID を使用できませんでした
2004 RSE2004: バックエンドファーム '%1' でバックエンドセキュリティ要件が満たされていません
2005 RSE2005: バックエンドサーバ '%1' は、バックエンドファーム '%2' でメンバーとして認識されていません
2006 RSE2006: Outbound Enabler はファーム '%2' で無効なサーバインデックス %1 のチャネルに接続しています
3000 RSE3000: バックエンドファーム '%3' のバックエンドサーバ '%2' の MAC アドレス '%1' が不正です
3001 RSE3001: ファーム '%3' のバックエンドサーバ '%2' のトークン '%1' を取得しましたが、予期したのは '%4' でした
3002 RSE3002: バックエンドファーム '%1' のバックエンドサーバ '%2' は、サポートされていない Outbound Enabler を使用しています
3003 RSE3003: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' に対する冗長 Outbound Enabler 接続は無視されました
3004 RSE3004: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' の下りチャネルから読み込んでいるときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
3005 RSE3005: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler インスタンスが一致しません
3006 バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Relay Server インスタンスが一致しません。
3007 RSE3007: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' で再接続された上りチャネルを使用しましたが、%3 秒後にタイムアウトしました
3008 RSE3008: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' が Relay Server 設定から削除されたか無効になったため、バックエンドサーバチャネルがアボートされました。
3009 RSE3009: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' の上りチャネルに書き込んでいるときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
3010 RSE3010: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler では -af スイッチが使用されていますが、このスイッチはサポートされなくなりました。Outbound Enabler をアップグレードしてください
3011 RSE3011: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' で、未知のイベントが発生しました
3012 RSE3012: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' からのパケットが不正です
3013 RSE3013: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler によるアクティビティを待機していましたが、%3 秒後にタイムアウトしました
3014 RSE3014: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler は、途中で切断されました
3015 RSE3015:急ぎのキューのロックに失敗しました。
3016 RSE3016:%1 の理由で、Outbound Enabler にフロー制御のために通知するのに失敗しました。
4000 RSE4000: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の上りチャネルを待機していましたが、%3 秒後にタイムアウトしました
4001 RSE4001: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントから読み込んでいましたが、%3 秒後にタイムアウトしました
4002 RSE4002: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' のクライアントから読み込んでいるときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
4003 RSE4003: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントはバックエンドサーバの応答を待機していましたが、%3 秒後にタイムアウトしました
4004 RSE4004:バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler は、パラメータ '%4'、'%5'、'%6' のセッションエラー %7%3 をレポートしました。
4005 RSE4005: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアント要求は、バックエンドサーバが使用不可であるためアボートしています
4006 RSE4006: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアント要求は、Outbound Enabler がシャットダウンしているためアボートしています
4007 RSE4007:バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアント要求は、Outbound Enabler から予期しない下りチャネルパケット opcode %3 が返されたためアボートしています。
4008 RSE4008: '%5' のときにバックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' のクライアントに応答を書き込んでいるときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
4009 RSE4009: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントから読み込んでいるときに、予期しない要求の終わりがありました
4010 RSE4010: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントが、誤ってルーティングされた要求インデックス %3 の OE_SERVER_RESPONSE パケットを無視しています
4011 RSE4011: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントが、誤ってルーティングされたセッション番号 %3 の OE_SERVER_RESPONSE パケットを無視しました
4012 RSE4012: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントが、誤ってルーティングされたセッションフィンガープリント %3 の OE_SERVER_RESPONSE パケットを無視しました。予期されたセッションフィンガープリントは %4 です。
4013 RSE4013:フォワーダ証明書の件名 '%1' がパターン '%2' と一致しません。
4014 RSE4014:フォワーダ証明書の発行者 '%1' がパターン '%2' と一致しません。
4015 RSE4015:バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler は、パラメータ '%4'、'%5'、'%6' のセッションエラー %3 をレポートしました。
11000 RSF11000:Relay Server のリストが長すぎます。Outbound Enabler 接続はアボートされました
11001 RSF11001: '%1' のときに共有メモリが足りなくなりました
11002 RSF11002: リモート管理のリソースを初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11003 RSF11003: 設定全体をファイル '%3' に書き込んでいるときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11004 RSF11004: 新しい設定を読み込んでいるときに、メモリ不足が発生しました
11005 RSF11005: '%1' のときに、プロトコルエラーが発生しました
11006 RSF11006: '%1' を開いて設定の更新を適用できませんでした
11007 RSF11007: 設定を更新しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11008 RSF11008: 管理コマンドを待機していましたが、%1 秒後にタイムアウトしました
11009 RSF11009: リモート管理ツールは途中で切断されました
11010 RSF11010: リモート管理ツールから読み込んでいるときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
11011 RSF11011: 先のエラーが原因で、ADMIN_CMD_CONFIG_CONTINUE パケットの処理を続行できません
11012 RSF11012: 設定ファイル '%2' の行 %1 でセクションヘッダを予期しています
11013 RSF11013: ログファイル '%3' を '%4' にアーカイブしているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11014 RSF11014: リモート管理ツールに応答を書き戻しているときに、通信エラー [SYS%1: %2] が発生しました
11015 RSF11015: モニタコマンドパケットの opcode が不正です
11016 RSF11016: 共有メモリですでに解放されたメモリブロックを解放しています
11017 RSE11017: バックエンドサーバ '%2' を追加しているときに、バックエンドファーム名 '%1' が見つかりませんでした
11018 RSF11018: バックエンドサーバ '%1' は、バックエンドファーム '%2' ですでに定義されているため追加できません
11019 RSF11019: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' へのアクセスに使用するリソースを初期化できませんでした
11020 RSF11020: 設定ファイル '%2' で必須のセクション '%1' が見つかりません
11021 RSF11021: 共有ログの準備に失敗しました
11022 RSF11022:設定内のすべての Relay Server でデータ構造体を設定できませんでした
11023 RSF11023: Relay Server '%1' は、すでに設定で定義されています。
11024 RSF11024: バックエンドファーム情報の準備に失敗しました
11025 RSF11025: ヒープメモリが不足しています
11026 RSF11026: 起動時に内部データ構造体を作成しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11027 RSF11027: 内部データ構造体を初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11028 RSF11028: システムエラー [SYS%1:%2] が共有メモリの作成中に発生しました。実行中の rshost プロセスをすべてシャットダウンし、Web サーバを再起動してから、やり直してください。
11029 RSF11029: セマフォマネージャの作成に失敗しました
11030 RSF11030: 共有データ構造体を初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11031 RSF11031: Relay Server '%1' の共有メモリに付加できませんでした
11032 RSF11032: 共有ログ '%3' に付加しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11033 RSF11033:設定内の Relay Server のリストのデータ構造体を更新できませんでした
11034 RSF11034: バックエンドファームの変更を適用できませんでした
11035 RSF11035: バックエンドサーバの変更を適用できませんでした
11036 RSF11036: 上りチャネルがビジー状態であるため、バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' へブロードキャストできませんでした
11037 RSF11037: ファーム '%1' は、すでに定義されています
11038 RSF11038: ログファイル '%3' の名前を変更しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
11039 RSF11039: 共有メモリでメモリブロックがリークしました
11040 RSF11040:Relay Server 設定ファイル '%1' を開けません
11041 RSF11041: Relay Server 設定ファイル '%1' の非表示は解除できません
11042 RSF11042: 設定ファイル '%2' の行 %1 の構文が正しくありません
11043 RSF11043: 設定ファイル '%2' の行 %1 のセクション名が不正です
11044 RSF11044: 設定ファイル '%2' の行 %1 のプロパティ名が不正です
11045 RSF11045: 設定ファイル '%2' の行 %1 のプロパティ値が不正です
11046 RSF11046: 設定ファイル '%3' の行 %2 の '%1' セクションが重複しています
11047 RSF11047: 設定ファイル '%3' の行 %2 の必須のプロパティ '%1' が見つかりません
12000 RSF12000: バックエンドファーム '%3' へのアクセスに使用するリソースを初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
13000 RSF13000: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' に使用するアクセプター UUID を生成しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
13001 RSF13001: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' へのアクセスに使用するリソースを初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
13002 RSF13002: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の要求リストを書き込むためにロックしようとして失敗しました
13003 RSF13003: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' の要求リストを初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
13004 RSF13004: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' の上りチャネルのアイドルセマフォを解放しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
13005 RSF13005: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の Outbound Enabler がチャネル制限を %3 バイト超えて送信しています
13006 RSF13006: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の要求リストを読み込むためにロックしようとして失敗しました
13007 RSF13007: %3 パケットをプッシュするためにバックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントのダウンロードパケットキューをロックしようとして失敗しました
13008 RSF13008: %5 パケットのプッシュ中、バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' のダウンロードパケットキューに使用するセマフォを初期化するときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
13009 RSF13009: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の要求リストが見つかりません
13010 RSF13010: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' で不正な要求インデックスのリサイクルが検出されました
13011 RSF13011: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントトラフィック統計情報コレクターに使用する共有メモリブロックを割り当てることができませんでした
14000 RSF14000: バックエンドファーム '%4' のバックエンドサーバ '%3' へのアクセスを初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
14001 RSF14001: '%3' のときにバックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の要求リストを書き込むためにロックしようとして失敗しました
14002 RSF14002: '%3' のときにバックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントに使用する共有メモリブロックを割り当てることができませんでした
14003 RSF14003: バックエンドファーム '%4' の要求対象バックエンドサーバ '%3' を初期化しているときに、システムエラー [SYS%1: %2] が発生しました
14004 RSF14004: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' のクライアントが '%3' のときに、ヒープメモリが足りなくなりました
14005 RSF14005: バックエンドファーム '%2' のバックエンドサーバ '%1' の要求リストから予期しない要求を削除しました