Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » エラーメッセージ » SQL Anywhere のエラーメッセージ

 

SQL Anywhere のエラーメッセージ (SQLSTATE 順)

SQLSTATE メッセージテキスト
00000 (メッセージなし)
01000 警告 : %1
01003 集合関数では、NULL 値は無視されます。
01004 値がトランケートされました。
01005 暗号化が有効になっていません。
01F01 位置 %1 が無効です (有効な値は %2~%3)。
01FW1 多角形のリングの順序が再設定されました。
01FW2 ポイント 3 つの CircularString が、ポイント 5 つの CircularString に変換されました。
01S02 カーソルオプションの値が変更されました。
01W01 不正なデータ変換 : ロー %2 のカラム '%1' に NULL が挿入されました。
01W02 テンポラリテーブルが使用されました。
01W03 不正なデータ変換
01W04 最後に読み込まれた後で、ローは更新されています。
01W05 プロシージャが完了しました。
01W06 テーブル '%2' のカラム '%1' の値が変更されています。
01W07 行 %2 の '%1' の付近に、言語の拡張機能が検出されました。
01W08 文を実行することができませんでした。
01W09 もっと情報が必要です。
01W10 トランザクションログバックアップページの一部だけが、満杯になっています。
01W11 ユーザ '%2' に対するデータベースオプション '%1' は不正な設定です。
01W12 '%1' への文字セット変換は実行できません。代わりに '%2' が使用されます。
01W13 データベースサーバで文字セット '%1' 間とのデータ変換を実行できません。変換が正しくない可能性があります。
01W14 言語 '%1' はサポートされていないため、'%2' を使用します。
01W15 文字セット '%1'、言語 '%2' はサポートされていません。代わりに言語 '%3' が使用されます。
01W16 無効なユーザ選択性の評価が指定されました。
01W17 '%1' は認識できないオプションです。
01W18 非決定的な結果が返されました
01W20 プランに仮想インデックスが含まれている可能性があります
01W21 ローが新しいスキーマフォーマットに変換されなかったため、ローは削除されました。
01W23 文字列カラム '%1' のヒストグラムを出力できません。
01W24 参照整合性を保つためにテーブル %1 からローが削除されました。
01W25 パブリケーションの述部は評価されませんでした
01W26 オプション '%1' が複数回指定されています
01W27 同じプライマリキーを持つ 2 つのローが、テーブル '%1' 用にダウンロードされています
01W28 同期するテーブルがデータベースに含まれていません。
01WC1 %1 から %2 に変換するときに、無効なマルチバイトの入力文字が検出されました。
01WC3 %1 から %2 に変換するときに文字を置換しました。
01WC4 ICU 照合 '%1' は他の照合にデフォルト設定されました。
02000 ローが見つかりません。
04W07 DB 領域が最大ファイルサイズに達しています。
04W08 サーバが DB 領域の最大ファイルサイズを超えてページにアクセスしようとしました。
07001 ホスト変数が足りません。
07002 SQLDA 中のフィールドが足りません。
07003 カーソルのオープンがエラーになりました。
07005 SELECT 文以外は記述できません。
07009 記述子のインデックスが正しくありません。
07W01 DESCRIBE 文で無効な型が指定されました。
07W02 文が無効です。
07W03 準備文の種類が無効です。
07W04 SQLDA フィールドがマルチロー SQLDA と矛盾しています。
07W05 SQLDA のデータ型が無効です。
07W06 SQL の識別子が無効です。
07W07 ホスト変数はバッチで使用できません。
07W08 SQLDA に不正な sqllen フィールドがあります。
08001 データベースが起動できません -- %1
08003 データベースに接続されていません。
08004 '%1' というユーザ ID はありません。
08005 パスワードに不正な文字が含まれています。
08S01 %1 の操作を完了するのに十分なメモリがありませんでした。
08S02 %1 への呼び出しで無効なパラメータが使用されました。
08S03 セキュア機能のキー名 '%2' は、%1 への呼び出しでは有効でありません。
08S04 %1 への呼び出しで、無効な認証キーが指定されました。
08S05 %1 への呼び出しで、無効なセキュア機能リスト '%2' が指定されました。
08S06 %1 を使用して、セキュア機能に機能リスト '%2' を割り当てる権限がありません。
08S07 %1 を使用して、'%2' という名前のセキュア機能キーを変更する権限がありません。
08S08 %1 への呼び出しが失敗しました。最大数のセキュア機能キーがすでに作成されました。
08S09 %1 への呼び出しが失敗しました。'%2' という名前のセキュア機能キーがすでに存在しています。
08S10 %1 への呼び出しが失敗しました。'%2' という名前のセキュア機能キーは存在しません。
08S11 %1 への呼び出しが失敗しました。'%2' という名前のセキュア機能キーに指定された認証キーが不正です。
08S12 %1 への呼び出しが失敗しました。'%2' という名前のキーは、MANAGE_FEATURES 機能と MANAGE_KEYS 機能を持つ最後のキーです。
08W01 データベースサーバが見つかりません。
08W02 接続が見つかりません。
08W03 データベースサーバに接続できる限界数を超えています。
08W04 データベースに接続できません。
08W05 トランザクションログファイルを開けません -- %1
08W06 まだデータベースに接続されています。
08W07 データベースサーバを起動することができません。
08W08 データベースサーバのコマンドラインが無効です。
08W09 指定されたデータベースを起動できません : %1
08W10 指定されたデータベースが見つかりません。
08W11 指定されたデータベースは無効です。
08W12 通信エラーが発生しました。
08W13 起動するのに必要なメモリが不足しています。
08W14 サーバを起動するには、データベース名が必要です。
08W15 クライアント/サーバの通信プロトコルのバージョンが違います。
08W16 データベースサーバはマルチユーザモードで実行していません。
08W17 トランザクションログファイルへの書き込みエラーが発生しました。
08W18 埋め込み SQL を処理しているプリプロセッサと、データベースインタフェースライブラリのバージョンが適合しません。
08W19 クライアントサーバのバージョンとデータベースサーバのバージョンが適合しません。
08W20 データベース名 'utility_db' はユーティリティデータベース用に予約されています。
08W21 認証違反です。
08W22 データベースのページサイズが大きすぎます : %1
08W23 データベースサーバはすでに起動しています。
08W24 不正なパラメータです。
08W25 ローカルデータベースオプションが無効です。
08W26 動的メモリが足りません。
08W27 データベース名がユニークではありません。
08W28 アクティブなデータベースがないため要求は拒否されました。
08W29 データベースの起動/停止の要求は拒否されました。
08W30 選択されたデータベースは、現在アクティブではありません。
08W32 無効なデータベースページサイズです。
08W33 データベースの作成に失敗しました : %1
08W34 ストア DLL "%1" をロードできません。
08W35 ストア DLL (%1) のエントリポイントを実行できません
08W36 指定された DB 領域でアイテム (%1) を生成できません。
08W37 接続パラメータファイルが見つかりません。
08W38 接続パラメータ文字列の解析エラーです。
08W39 データベースファイルが指定されていません。
08W40 データベースはアクティブです。
08W41 データベース "%1" をリカバリする必要があります。
08W42 データベースのアップグレードに失敗しました。
08W43 データベースのアップグレードができません。
08W44 バックアップ/リストア用 DLL "%1" をロードできません。
08W45 バックアップ/リストア DLL (%1) のエントリポイントを実行できませんでした
08W46 バックアップ/リストア中にエラーが発生しました : %1
08W47 データベースストア DLL (%1) のバージョンが不正です。
08W48 認証に失敗しました。
08W49 解析エラー : %1
08W51 IQ データベースコマンドラインの不正なオプションまたはパラメータ値 : %1
08W52 IQ メモリマネージャを初期化できません : %1
08W53 System V リソースを割り当てることができません。
08W54 解析エラー : %1
08W55 サーバが見つからないため自動起動できません。
08W56 指定されたデータベースファイルはすでに使用されています。
08W57 データベースのアップグレードができません。ユーザ dbo は RowGenerator テーブルの所有者ではありません。
08W58 データベースのアップグレードができません。ユーザテーブルに、システムテーブル範囲のテーブル ID が設定されています。
08W59 TLS ハンドシェイクに失敗しました。
08W60 接続エラー : %1
08W61 サーバ上で TLS の初期化に失敗しました。
08W62 暗号化キーが不正であるか、見つかりません。
08W63 復号化エラー : %1
08W64 データベースサーバで文字セット '%1' 間とのデータ変換を実行できません。
08W65 クライアントでメモリが不足しています。
08W66 暗号化エラー : %1
08W67 指定されたデータベースを起動できません : データベース %1 を起動するにはサーバをアップグレードする必要があります。
08W68 指定されたデータベースを起動できません : ログファイルエラー
08W69 jConnect は暗号化をサポートしていません。
08W70 暗号化 DLL "%1" をロードできません。
08W71 プロシージャまたは関数 '%2' のパラメータ '%1' にデフォルト値がありません。
08W72 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は無効なトランザクションログミラーです。
08W73 指定されたデータベースを開始できません。トランザクションログ '%1' または、そのミラー '%2' は無効です。
08W74 指定されたデータベースを開始できません。トランザクションログで、'%1' は操作を予期していません。
08W75 指定されたデータベースを開始できません。不明な暗号化アルゴリズムです
08W76 指定されたデータベースを開始できません。このサーバで開始するには、'%1' をアップグレードする必要があります (機能 %2 がありません)
08W80 指定されたデータベースを開始できません。ログファイル '%1' を使用できません。これはログファイルがデータベースファイルよりも後に使用されているためです。
08W81 指定されたデータベースを開始できません。'%1': トランザクションログファイル が見つかりません
08W82 指定されたデータベースを開始できません。ログファイル '%1' を使用できません。これはオフセットがデータベースのオフセットと一致しないためです。
08W83 指定されたデータベースを開始できません。ログファイル '%1' を使用できません。これはデータベースファイルがログファイルよりも後に使用されているためです。
08W84 指定されたデータベースを開始できません。ログファイル '%1' を使用できません。これは、予想された長さよりも短いためです。
08W85 指定されたデータベースを開始できません。'%1' はデータベースではありません。
08W86 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は異なるバージョンのソフトウェアで作成されています。
08W87 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は有効なデータベースファイルではありません。
08W88 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は無効なトランザクションログです。
08W89 データベースサーバを起動することができません。サーバに致命的なエラーが発生しました。
08W90 DBN/DBF パラメータが、この代替サーバ名のデータベースと一致しません。
08W91 ミラーサーバに接続できません。サーバ名 '%1' を使用してプライマリサーバを探してください。
08W92 ハッシュエラー : %1
08W93 データベース %1 を起動できません。監査が有効な場合は、読み込み専用モードを使用できません。
08W94 ファンクション '%1' に無効なパラメータ '%2' ('%3') があります。
08W95 ATTACH TRACING は、トレースデータベースに接続できませんでした
08W96 トレース接続はすでにアクティブになっています
08W97 接続できません : サーバは要求された暗号化タイプを受け入れませんでした。
08W98 このプラットフォームではデータベース '%1' を起動できません。http://ianywhere.com/developer/product_manuals/sqlanywhere/notes/en/endian_corruption_warning.html を参照してください。
08W99 このプラットフォームではデータベース '%1' を起動できません。http://ianywhere.com/developer/product_manuals/sqlanywhere/notes/en/endian_cant_change_platform.html を参照してください。
08WA0 パスワードの有効期限が切れています。
08WA1 パスワードの有効期限が切れていますが、変更できません。データベースは読み込み専用です。
08WA2 データベースサーバを起動できません : ライセンスファイルがありません
08WA3 サーバは TCP/IP 接続を構築できません。
08WA4 クライアントが複数回リダイレクトされました。
08WA5 指定されたデータベースを停止できません : %1
08WA6 接続を完了するためにログインリダイレクションが必要ですが、クライアントではサポートされていません
08WA7 クラウドデータベースサーバに接続するときにデータベース名を指定する必要があります
08WA8 NODETYPE=DIRECT のクラウドデータベースサーバに接続する場合は、サーバ名のみを指定できます
08WA9 dbrsakp 共有オブジェクトをロードできません
08WB1 セキュリティトークンを生成する場合のツール名または管理ユーザが無効です
08WB2 ファイル %1 を送信先 %2 にコピーできません
08WB3 データベースには、'SYS_' プレフィクスと '_ROLE' サフィックスを持つユーザが含まれています。
08WB4 ファイル %1 を削除できません
08WB5 ファイル %1 はすでに存在します
08WB6 ディレクトリ %1 を作成できません
08WB7 ファイル %1 をコピーできません
08WB8 データベースの変更に失敗しました : %1
08WB9 ファイルまたはディレクトリ %1 が見つかりません
08WC1 %1 と %2 の比較に失敗しました
08WC2 %1 はディレクトリではありません
08WC3 %1 と %2 は同じである必要があります
09W02 不正なカーソル処理をしようとしました。
09W03 '%1' では結果セットは許可されません。
09W04 カーソルの INSERT/DELETE は、1 つのテーブルしか変更できません。
09W05 カーソルでローをユニークに識別できません。
09W06 カーソルは FETCH NEXT 操作に制限されています。
09W07 文のサイズの制限値が無効です
09W08 テーブル '%1' のすべて NULL のローを更新または削除できません。
0A000 '%1' の機能は実装されていません。
0A001 呼び出そうとしたメソッドは、お使いのアプリケーションでは使用できません。
0A002 このサーバには、'%1' 機能をサポートするためのライセンスが付与されていません
0A003 このサーバには、'%1' 接続をサポートするためのライセンスが付与されていません
0A004 このプラットフォームでは、この版の SQL Anywhere を利用できません
0A007 テーブル権限 '%1' の使用は、現在のデータベースでサポートされていません。
0AQ48 IQ データベースにはログが必要です。
0AW01 言語仕様が変更されました。
0AW02 Transact-SQL 機能がサポートされていません。
0AW03 行 %2 の '%1' の付近に、言語の使用できない拡張機能が検出されました。
0AW05 パススルーモードでは文を使用できません。
0AW06 計算カラムはこのデータベースではサポートされません。
0AW07 Ultra Light では使用できない機能です。
0AW08 コミットされていないトランザクションとの同期またはアップグレードはできません。
0AW09 同期サーバがアップロードのコミットに失敗しました。
0AW10 DTC トランザクションはこのプラットフォームではサポートされていません。
0AW11 テーブル '%1' の既存のロー (ロー : %2) と競合しているため、ダウンロードに失敗しました
0AW12 サーバ %1 でエラーが発生したため、同期に失敗しました。
0AW13 前回のアップロードのステータスが不明の場合、同期の user_name は変更できません
0AW14 このタイプの文に対してプランを生成することはできません。
0AW15 マテリアライズドビューのサポートは、このデータベースでは利用できません
0AW16 FIPS モードでは %1 アルゴリズムは使用できません
0AW17 前回のアップロードのステータスが不明の場合、Mobile Link リモート ID は変更できません。
0AW18 リモートデータアクセス機能はこのプラットフォームではサポートされていません
0AW19 クライアントバージョンまたはクライアントインタフェースではサポートされていない機能です。
0AW20 使用できるプランがありません。このタイプの文に対しては、NOEXEC プランは生成できません。
0AW21 プランがありません。このタイプの文またはデータベースでは、HTML_PLAN 関数はサポートされていません。
0AW22 このデータベースでは、DB 領域のパーミッションのサポートを利用できません
0AW23 同期ダウンロードは完了しませんでした
0AW24 同期はすでに進行中です
0AW26 ローの値が無効またはサポートされていないため、ダウンロードに失敗しました。
0AW27 システム権限とロールの機能はこのデータベースではサポートされていません。
0AW28 コレクションタイプがサポートされていません。
0AWD5 Mobile Link 通信エラー : コード : %1、パラメータ : %2、システムコード : %3
0EW00 テーブル '%1' にはカラムがありません
0EW01 インデックス '%1' にはカラムがありません
21000 SELECT 文が複数行を返しています。
21W01 サブクエリは複数行を返すことはできません。
22001 文字列データの右側がトランケートされます。
22002 NULL に対して、インジケータ変数が用意されていません。
22003 値 %1 は、対象先にとって大きすぎます。
22005 割り当てのエラー
2200B エスケープ文字 '%1' が矛盾しています。
2200C エスケープ文字 '%1' の使用が無効です。
22012 ゼロで除算しようとしました。
22019 エスケープ文字 '%1' が無効です。
2201B 正規表現 '%2' 中の '%1' が無効です。
22024 C 言語の文字列が完結していません。
22025 エスケープシーケンス '%1' が無効です。
2202E 配列要素エラー : 配列インデックス '%1' が範囲から外れています。
22030 要求されたデータ型として NULL の結果を返すことができません。
22W02 最後に読み込まれた後で、ローは更新されています。操作はキャンセルされました。
22W03 WRITETEXT または READTEXT に無効な値を持つ TEXTPTR があります。
22X13 OLAP 関数の先頭または最後のサイズが無効です。
23501 テーブル '%2' のカラム '%1' を NULL にすることはできません。データファイルの行 %3 で LOAD TABLE に無効なデータが指定されました。
23502 テーブル '%2' のカラム '%1' を NULL にすることはできません。
23503 テーブル '%2' の外部キー '%1' に対応するプライマリキーの値がありません。
23504 NULL を許可するカラムの数が制限を超えています。
23505 テーブル '%2' のインデックス '%1' はユニークでなければなりません。
23506 制約 '%1' の違反です : テーブル '%3' のカラム '%2' の値が無効です。
23507 指定された外部キー (%1) は使用できません。
23508 制約 '%1' の違反です : テーブル '%2' の値が無効です。
23509 テーブル '%1' に、MERGE 文の ANSI カーディナリティ違反があります
23510 テーブル '%1' の MERGE 文は失敗しました。文で RAISERROR が指定されています
23W01 テーブル '%1' のプライマリキーがユニークではありません : プライマリキー値 ('%2')
23W05 テーブル '%1' 内のローのプライマリキーがテーブル '%3' 内の外部キー '%2' によって参照されています。
24000 カーソルが有効な状態にありません。
24001 TRUNCATE の後に value-sensitive カーソルが使用されています
24501 カーソルが開きません。
24502 カーソルはすでに開いています。
24503 カーソルの現在のローがありません。
24504 スクロール位置 '%1' が不正です。
24W01 カーソルが宣言されていません。
26501 SQL 文にエラーがあります。
28000 ロール '%1' は他のユーザまたはロールに付与されるため、削除されませんでした。削除するには、'WITH REVOKE' オプションを使用します。
28000 WITH DROP OBJECTS の使用は '%1' では許可されていません。
28000 指定されたロール '%1' は、ロールとして拡張されたユーザです。
28000 指定されたロール '%1' は、ロールとして拡張されたユーザではありません。
28000 指定されたユーザ '%1' はロールです。
28000 指定された LDAP サーバ '%1' が見つかりません。
28000 指定されたシステム権限 '%1' は無効です。
28000 この操作はロール循環を起こします。
28000 WITH NO SYSTEM PRIVILEGE INHERITANCE OPTION の使用は、%1 では許可されていません。
28000 ユーザまたはロール ID '%1' は存在していません。
28000 ロール "%1" がすでに存在しています。
28000 無効なユーザ ID またはロール名 '%1' が指定されています。
28000 ユーザ ID またはパスワードが無効です。
28W01 モジュールの前処理でのユーザ ID またはパスワードが無効です。
28W02 統合化ログインが許可されていません。
28W03 統合化ログインが必要です。標準ログインは許可されていません。
28W04 統合化ログインが失敗しました。
28W05 このデータベースに対して統合化ログインはサポートされていません。
28W06 統合化ログイン ID ゲストは、ゲストデータベースのユーザ ID に対してのみマップできます。
28W07 sys または public ユーザ ID にログイン ID をマップすることはできません。
28W08 ログイン ID '%1' はすでにユーザ ID '%2' にマップされています。
28W09 ログイン ID '%1' はどのデータベースユーザ ID にもマップされていません。
28W10 統合されたユーザに対する個別のグループマッピングが多すぎます。
28W11 無効なパスワード : %1
28W12 Kerberos ログインが失敗しました。
28W13 Kerberos ログインはサポートされていません。
28W14 ログインモード '%1' は、login_mode 設定で許可されていません。
28W15 このユーザのログインポリシーにより接続は許可されませんでした
28W17 Mobile Link が値 '%2' の認証ステータス '%1' を返したため、同期に失敗しました。
28W18 タスク '%1' は許可されていません
28W19 ロールの付与は許可されていません。
28W20 change_password_dual_control プロセスが進行中であるため、パスワードを変更できません。
28W21 change_password_dual_control はこのユーザでは有効です。パスワードを変更するには、ALTER USER を使用します。
28W22 暗号化されていないパスワードを使用した TDS ログイン要求は許可されていません。
28W23 RSA の暗号化されたパスワードを使用した TDS ログイン要求は、ノンスも使用する必要があります。
2D501 トリガアクション内での COMMIT/ROLLBACK は許可されません。
2FF04 交点マトリックス '%1' は無効です。
2FF05 ポイントが %1 と重複しています。
2FF06 要素は空セットです ('%1' 付近)。
2FF10 空間参照系 %1 と %2 が混在しています (%3 付近)。
2FF11 '%1' 付近に非連続の曲線があります。
2FF14 測定単位 '%1' が認識できません。
2FF15 ジオメトリの変換に失敗しました (エラー %1)。
2FF16 %1 から %2 に変換できません (%3 付近)。
2FF17 ポイント %1 の変換に失敗しました (エラー %2)
2FF22 オフセット %2 の Well-Known-Text (WKT) スキャニング '%1' の解析エラーです。
2FF23 オフセット %1 の Well-Known-Binary (WKB) の解析エラーです。
2FF25 座標次元が混在しています。
2FF59 空間参照系が認識できません (%1)。
2FF71 ST_CircularString は、%1 ポイントからは構築できません ('%2' 付近)。
2FF72 ST_CircularString セグメントの %1 と %2 の間の中間点 (%3) は同一直線上にありますが、開始点と終了点の間にはありません。
2FW02 このデータベースでは、空間のサポートは利用できません。
2FW03 空間機能 %1 はサポートされていません。
2FW05 Well-Known-Text (WKT) の解析エラー : オフセット %1 の次元が矛盾しています。
2FW06 オフセット %1 のジオメトリ内部直列化の解析エラーです。
2FW08 Well-Known-Binary (WKB) の解析エラー : オフセット %2 のタイプコード %1 が無効です。
2FW09 Well-Known-Binary (WKB) の解析エラー : オフセット %2 のタイプコード %1 が親の有効なサブタイプではありません。
2FW10 Well-Known-Binary (WKB) の解析エラー : 入力の終わりが予期されているものと異なります。
2FW11 Well-Known-Binary (WKB) の解析エラー : オフセット %1 の次元が矛盾しています。
2FW12 Well-Known-Binary (WKB) の解析エラー : オフセット %2 で無効なバイト順マーク %1 です
2FW13 シェイプファイルレコードの解析エラーです。
2FW14 シェイプファイル属性の解析エラーです。
2FW15 シェイプファイルのファイル名が無効です。
2FW16 マルチパッチのシェイプファイルの形状はサポートされていません。
2FW19 埋め込まれた SRID (%1) が指定された SRID (%2) と競合しています。
2FW20 埋め込まれた SRID が矛盾しています (%1 と %2)。
2FW21 '%1' は認識されないフォーマットタイプです。
2FW22 フォーマットタイプ '%1' はここでは使用できません。
2FW23 '%1' フォーマットの入力文字列はここでは使用できません。
2FW24 フォーマット指定構文が無効です。
2FW25 '%1' は認識されないフォーマット指定オプションです。
2FW26 値 '%2' は、'%1' フォーマット指定オプションの有効な設定ではありません。
2FW27 データのフォーマットが認識できません。
2FW28 SRID=%1 のジオメトリは、メソッド %2 ではサポートされていません。
2FW29 ポイントのないジオメトリ間の距離を算出する際、SRID=%1 のジオメトリはサポートされていません。
2FW31 設定ファイルを読み込み中にエラーが発生しました。
2FW32 設定名 %1 は無効です。
2FW33 比較 '%1' はジオメトリでは使用できません。
2FW34 空間参照系の Well-Known-Text (WKT) は無効です。
2FW35 変換定義 '%1' は無効です。
2FW36 変換定義が長すぎます。
2FW37 SRID %1 から %2 への変換はサポートされていません。
2FW38 SRID %1 からの変換はサポートされていません。
2FW39 測定単位 "%1" は距離単位ではありません。
2FW40 測定単位 "%1" は角度単位ではありません。
2FW41 多角形のフォーマット '%1' が無効です。
2FW42 多角形が無効です : 外部リングがありません。
2FW43 多角形のネストが無効です。
2FW44 多角形が無効です : 外部リングが複数あります。
2FW45 テーブル '%1' には空間カラム '%2' は含まれていますが、プライマリキーはありません。
2FW46 空間カラム '%1' はプライマリキーまたはユニークインデックスに含めることはできません
2FW47 空間カラム '%1' は単一の SRID に制約されていないため、インデックスに含めることはできません
2FW48 測定単位を作成する場合は、CONVERT USING 句を指定する必要があります。
2FW49 文字列 '%1' は、有効な軸順序ではありません。
2FW50 文字列 '%1' は、有効な座標名ではありません。
2FW51 測定単位 '%1' が見つかりません。
2FW52 空間参照系 '%1' が見つかりません。
2FW53 測定単位 '%1' はすでに存在しています。
2FW54 空間参照系 '%1' はすでに存在しています。
2FW55 空間参照系は使用する SRID を指定する必要があります。
2FW56 定義文字列 '%1' の解析エラーです。
2FW57 空間参照系のタイプはサポートされていません ('%1')。
2FW58 地理空間参照系に楕円パラメータがありません。
2FW59 非地理空間参照系に楕円パラメータが指定されていません。
2FW60 座標 %1 の座標バウンドがありません。
2FW61 このタイプの空間参照系では、指定した軸順序はサポートされていません。
2FW62 指定した多角形フォーマット '%1' は、このタイプの空間参照系ではサポートされていません。
2FW63 記憶フォーマット '%1' は無効です。
2FW64 空間参照系 %1 は、使用中のため修正できません
2FW65 空間参照系 "%1" は予約されています。
2FW66 空間測定単位 "%1" は予約されています。
2FW67 SRID %1 は、テーブル '%3' のカラム '%2' によって参照されています。
2FW68 SRID %1 は、プロシージャ '%3' のパラメータ '%2' によって参照されています。
2FW69 SRID %1 は、ドメイン "%3"."%2" によって参照されています。
2FW70 SRID %1 は、地理空間参照系を識別しません。
2FW71 ST_Geometry 引数は、SQL 関数 %1 ではサポートされていません。
2FW72 タイプ %1 の式は、タイプ %2 とは和両立しません。
2FW73 空間ライブラリで内部エラーが発生しました。
2FW77 曲線には、ほぼ対蹠点の %1 と %2 が含まれています ('%3' 付近)。
2FW78 LineString には少なくとも 2 つのポイントを含める必要があります ('%1' 付近)。
2FW79 値 %1 は座標系 %2 の範囲外です (SRS の境界 [%3, %4] を 50% 以上超過)
2FW80 無効な多角形です : リングが閉じていません ('%1' 付近)。
2FW81 無効な多角形です : リングにゼロ領域があります ('%1' 付近)。
2FW82 無効な多角形です : 曲線がリンクではありません。
2FW83 無効な多角形です : リングが SRID=%1 で許可されている値を超えています ('%2' 付近)。
2FW84 CircularString のジオメトリはサポートされていません ("%1" 付近)。
2FW85 空間参照系 %1 では、CircularString のジオメトリはサポートされていません。
2FW86 グリッドサイズ %1 は無効です。
2FW87 許容値 %1 は無効です。
2FW88 座標系 %1 で無効な境界です ("BETWEEN %2 AND %3" の付近)
2FW89 ST_MultiSurface には、交点が無効な要素が含まれています ("%1" 付近)。
2FW90 交差要素を持つ ST_GeomCollection では、操作はサポートされていません ("%1" 付近)。
2FW91 この CPU では、空間のサポートは利用できません。
2FW92 ジオメトリ式は、ORDER BY 句では使用できません ('%1' 付近)。
33000 SQL 記述子名が正しくありません。
37505 関数 '%1' のパラメータ数が誤りです。
38W01 システムコマンドが失敗し、リターンコード %1 が返されました。
3B001 セーブポイント '%1' が見つかりません。
3B002 ROLLBACK TO SAVEPOINT は使用できません。
3BW01 セーブポイントには、ロールバックログが必要です。
3BW02 アトミックな複合文では、結果セットは使用できません。
40000 実行時 SQL エラーです -- %1
40001 デッドロックが検出されました。
40W01 データベースの内部エラー %1 -- トランザクションはロールバックされました。
40W02 ユーザによって中断させられました -- トランザクションはロールバックされました。
40W03 ハードディスクに空き領域がありません。'%1' -- トランザクションはロールバックされました。
40W04 I/O エラーです。%1 -- トランザクションはロールバックされました。
40W05 ディスク書き込みの失敗 '%1' -- トランザクションはロールバックされました。
40W06 すべてのスレッドがブロックされています。
40W07 接続が切断されました。
40W08 メモリエラー -- トランザクションはロールバックされました。
42501 パーミッションがありません : %1
42R01 テンポラリテーブルに対しては RESTRICT 以外の参照整合性アクションは許可されていません。
42R02 キー制約によって関連付けられているテーブルはどちらも、永久テーブルであるか、ON COMMIT DELETE ROWS を指定して作成されていないテンポラリテーブルである必要があります。グローバルテンポラリテーブルの場合は、どちらか一方のテーブルが共有されていれば、他方のテーブルも共有されている必要があります。
42R03 テンポラリテーブル間のキー制約には、一意性制約を持たないプライマリキーが必要です。
42R04 外部キーカラムがプライマリキーまたは "%1" の一意性制約に一致しません
42U00 ビューがテンポラリオブジェクトである '%1' を参照しています。ビューは、永久オブジェクトだけを参照できます。
42U01 相関名 '%1' への参照が不正です。
42U02 修飾されたカラム参照で使用されている所有者 '%1' は相関名 '%2' と一致していません。
42U03 カラム '%1' に対する SET 句の使用法が正しくありません。
42U04 制約 '%1' が見つかりません。
42U05 名前付きの制約が存在するのに名前のないカラム制約の変更が試みられました。
42U06 制約 '%1' への参照または操作が無効です。
42U07 テーブル '%1' に指定されたヒントが無効です。
42U08 CREATE DATABASE 文では重複オプションは許可されていません
42U09 DML 派生テーブルで許可されていない外部参照
42W01 ユーザ '%1' にはすでに GRANT OPTION が付与されています
42W02 この操作はグループ循環を起こします。
42W03 ユーザ '%1' はユーザグループではありません。
42W04 '%1' %2 の近くに構文エラーがあります。
42W05 関数 '%1' は不明です。
42W06 集合関数の使用が無効です。
42W07 無効なホスト変数です。
42W08 '%1' 付近に無効な式があります。
42W09 プロシージャ、トリガ、イベント、またはバッチでは SETUSER を実行できません。
42W10 行 %2 の '%1' 付近の DEFAULT の値が無効です
42W11 行 %2 の '%1' 付近の INSERT の値が無効です
42W13 カラム番号が無効です。
42W14 変数 '%1' が見つかりません。
42W15 '%1' という変数はすでに存在します。
42W16 オプション '%1' が無効です -- PUBLIC 設定がありません。
42W17 オプション '%1' の設定が無効です。
42W18 '%2' のローは、ユーザ '%1' によってロックされています。
42W19 '%1' でデータベースを使用している間は許可されません。
42W20 CHECKPOINT 文にはロールバックログが必要です。
42W21 テーブルは使用されています。
42W22 アクティブなデータベース要求を 2 つ出そうとしました。
42W23 プロシージャは '%1' によって使用されています。
42W24 ラベル '%1' は見つかりません。
42W25 FETCH 文中の絶対または相対オフセットの指定が無効です。
42W26 FETCH 文の中の変数の数が正しくありません。
42W28 アトミックなオペレーション内での COMMIT/ROLLBACK は許可されません。
42W29 プロシージャまたはトリガの呼び出しのネストが深すぎます。
42W30 読み込み専用のカーソルを更新しようとしました。
42W31 更新できないクエリに対して、更新しようとしました。
42W32 テーブル '%2' のカラム '%1' を変更できません。
42W33 テーブル '%1' が見つかりません。
42W34 ユーザ '%1' はすでにグループ '%2' のメンバーです。
42W35 更新できないリモートクエリに対して、更新しようとしました。
42W36 FOR UPDATE が READ ONLY カーソルに誤って指定されました
42W37 ORDER BY 句にあるため、カラム '%1' を更新できません
42W38 SELECT 句にないため、カラム '%1' を更新できません
42W39 ビュー '%1' の INSTEAD OF トリガと WITH CHECK OPTION が競合しています。
42W3A テーブルまたはビュー '%1' に INSTEAD OF トリガがあるため、操作に失敗しました。
42W3B INSTEAD OF トリガのあるビューで位置付け更新しようとしました。
42W3C ビュー '%1' のトリガタイプが無効です。
42W3D マテリアライズドビュー '%1' でトリガを作成できません。
42W40 参照カラムが重複しています。
42W41 挿入したカラムが重複しています。
42W42 プロシージャ '%1' の呼び出しに必要なパラメータ名がありません。
42W43 オプション '%1' は PUBLIC な設定のみが許されています。
42W44 テーブル '%1' からすべてのカラムを削除することは許可されていません。
42W45 ユーザ '%1'に対するテンポラリオプションを設定することはできません。
42W46 '%1' システム権限またはオプション '%2' を設定する権限がありません。
42W47 プロシージャ '%2' にパラメータ '%1' がありません。
42W48 構文エラーです。IQ 指定オプションを指定するには IQ PATH が必要です。
42W49 TRUNCATE TABLE 文は、ビューには使用できません。
42W50 READTEXT 文や WRITETEXT 文はビューを参照できません。
42W51 VALIDATE 文はベーステーブルを参照しなければなりません。
42W52 オプション '%1' はテンポラリオプションとしてのみ設定できます。
42W53 オプション '%1' はプロシージャ内から設定できません。
42W54 シグネチャ '%1' はプロシージャのパラメータと一致しません。
42W55 ユーザは使用中のプロシージャを所有しています。
42W56 ユーザは使用中のテーブルを所有しています。
42W57 外部オブジェクト '%1' が見つかりません。
42W58 JAR '%1' が見つかりません。
42W59 派生テーブル '%1' の SELECT リストに '%2' と一致する式がありません
42W60 エイリアス '%1' がユニークではありません。
42W61 エイリアス '%1' の定義は、最初の参照前に記述する必要があります。
42W62 テーブル '%1' のローが、BEFORE トリガで修正または削除されました。
42W63 プロシージャ '%1' は有効でなくなりました。
42W64 テーブル '%1' のトリガまたは外部キーは有効でなくなりました。
42W65 ORDER BY 句で使用されている、'%1' に対する関数またはカラムの参照は不正です。
42W66 トリガ名 '%1' はあいまいです。
42W67 CREATE/DROP STATISTICS 文では、仮想テーブルを参照できません。
42W68 集約式 '%1' に複数のカラムが含まれ、その 1 つ以上が外部参照です。
42W69 集約式 '%1' は SELECT リストまたは HAVING 句サブクエリのいずれかに記述されている必要があります
42W70 グループ化されたクエリに、複数の異なる集合関数が含まれています。
42W71 文に NUMBER(*) 関数の不正な使用が含まれています。
42W73 '%1' にジョインする方法がありません。
42W74 インデックス '%1' をクラスタできません。
42W75 同期プロファイル '%1' が見つかりません
42W76 同期プロファイル '%1' はすでに存在します
42W77 同期プロファイル '%1' に無効なパラメータ '%2' があります
42W78 このデータベースに対して同期プロファイルはサポートされていません
42W79 文に非決定的関数 '%1' の不正な用法が含まれています。
42W80 他の接続が '%1' のローをロックしています
42W82 ユーザ設定が存在するため、PUBLIC オプション '%1' を削除できません。
42W83 HTTP オプション '%1' の設定が無効です。
42W84 HTTP ヘッダ '%1' の設定が無効です。
42W85 '%1' は '%2' に対して無効な値です。
42W86 SOAP ヘッダ '%1' の設定が無効です。
42W89 パブリケーション '%1' から定義されているよりも多いアーティクルを削除しようとしています。
42W90 集約関数の ORDER BY が不正です。
42W91 監査用のトランザクションログファイルが必要です。
42W92 CREATE SERVICE にはサービスタイプが必要です。
42W93 共通テーブル式参照に循環があります。
42W94 '%1' は認識されていないサービスタイプです。
42W95 サービス名 '%1' は無効です。
42W96 AUTHORIZATION が Off の場合はユーザ名を指定する必要があります。
42W97 サービス '%1' はすでに存在します。
42W98 サービス '%1' が見つかりません。
42W99 再帰クエリが無効です。
42W9A 再帰クエリのカラムリストがありません。
42W9B サービス定義のホスト変数参照には名前が必要です。
42W9C サービス文定義とサービスタイプが矛盾しています。
42W9D GROUP BY 句には定数式を使用できません。
42W9E AUTHORIZATION が OFF の場合、サービス定義には文が必要です。
42WA0 RECURSIVE キーワードなしの再帰は許可されません。
42WA1 ROLLUP、CUBE、または GROUPING SETS 操作に対する GROUP BY リストの式が多すぎます
42WA2 再帰カラム %1 : '%2' から '%3' への変換では、精度が失われます。
42WA3 ウィンドウ '%1' が見つかりません。
42WA4 ウィンドウ '%1' への参照には、PARTITION BY は許可されません。
42WA5 ウィンドウ '%1' では、ORDER BY は許可されません。
42WA6 ウィンドウ '%1' では、フレームは許可されません。
42WA7 集合関数 GROUPING への引数は GROUP BY 句のグループカラムである必要があります。
42WA8 Window 関数が述語に使用されています。
42WA9 Window 関数には ORDER BY が必要です。
42WAA 複合 ORDER BY は RANGE とは併用できません。
42WAB ユーザ '%1' はすでに EXECUTE パーミッションを付与されています。
42WAC 関数またはプロシージャ '%1' に引数が多すぎます。
42WAD サービスの属性 '%1' の値が無効です。
42WAE サービスの属性 '%1' の値がありません。
42WAF USING 属性のサービスにあるプロパティ '%1' はサポートされていません。
42WB0 サービスに重複した属性 '%1' があります。
42WB1 USING 属性は、FORMAT 属性または GROUP 属性と共存できません。
42WB2 サービスタイプでは、属性 '%1' は許可されません。
42WB3 '%1' の近くに構文エラーがあります -- マテリアライズドビューの定義では次の構成体を使用できません : '%2'
42WB4 '%1' の近くに構文エラーがあります -- マテリアライズドビューを即時に変更できません。マテリアライズドビューの定義に次の不正な構成体が含まれています : '%2'
42WB5 マテリアライズドビュー '%1' が見つかりません。
42WB6 マテリアライズドビューを作成できません。オプション '%1' に不適切な設定があります。
42WB7 マテリアライズドビューを更新できません。オプション '%1' に不適切な設定があります。
42WB8 スナップショット開始後にテーブルが作成または変更されました
42WB9 スナップショット中は文を使用できません
42WBA スナップショットトランザクションで更新の競合が発生しました。
42WBB スナップショットアイソレーションを非スナップショットトランザクションで使用しようとしました。
42WBC マテリアライズドビュー '%1' を使用できません。このビューは初期化されていません。
42WBD 計算カラムの依存に循環があります。
42WBE ユーザ '%1' がトランザクションのレプリケーションを実行している間は、これらのパーミッションを取り消すことはできません。
42WBF 相関名 '%1' は、ROWID 関数では使用できません。
42WC0 重複キーカラム (%1)
42WC1 テーブル '%1' には、ROWID 関数への無効な参照が含まれています。
42WC2 '%1' プロパティはサポートされなくなりました。
42WC3 マテリアライズドビュー %1 を即時に変更できません。すでに初期化されています。
42WC4 指定した時間内でテーブルロックを取得できません。
42WC5 マテリアライズドビューを即時に変更できません。マテリアライズドビューの定義に複数のクエリブロックを含めることはできません。
42WC6 マテリアライズドビューを即時に変更できません。COUNT(*) が SELECT リストの一部に必要です。
42WC7 マテリアライズドビューを即時に変更できません。非集合の NULL 入力不可のカラムにユニークなインデックスがありません
42WC8 依存する即時マテリアライズドビューのメンテナンスに失敗しました。
42WC9 トランザクションで 2 つ目のスナップショットの起動を試みています。
42WCA マテリアライズドビュー %1 を即時に変更できません。NULL 入力不可なカラムにユニークなインデックスがありません。
42WCB マテリアライズドビューを即時に変更できません。マテリアライズドビューの定義に不正な構成体が含まれています。
42WCC サービス文定義が無効であるか、サポートされていません。
42WCD 即時マテリアライズドビューの定義に NULL 入力可能な式に対する SUM 関数を含めることはできません。
42WCE SELECT リストに NULL 入力可能な式に対する SUM 関数は含まれていますが、同じ式に対する COUNT 関数が含まれていないため、マテリアライズドビューを即時ビューに変更することはできません
42WD3 テーブル '%1' を参照する即時ビューを作成するには、テーブルを所有している必要があります。
42WD4 FOR UPDATE 句または FOR READ ONLY 句は、DECLARE CURSOR ではなく PREPARE で指定する必要があります。
42WD5 指定するユーザ名は、現在の接続のユーザ名である必要があります。
42WE0 関数 '%1' での '%2' 句の使用は許可されません。
42WE1 関数 '%1' では '%2' 句の使用が必須です。
42WE2 ユーザは使用中のシーケンスを所有しています。
42WE3 シーケンス '%1' は別の接続で使用中です。
42WE4 ON 条件は OUTER JOIN の両側を参照する必要があるため、マテリアライズドビューを即時ビューに変更することはできません。
42WE5 VERIFY と RENAME を同時に使用することはできません。
42WE6 タイプ COPY で定義されたミラーサーバ "%1" には、親定義は含まれていません。
42WE7 ON 条件は OUTER JOIN の NULL 入力側および保護側にないテーブルを参照しているため、マテリアライズドビューを即時ビューに変更することはできません。
42WE8 OUTER JOIN の NULL 入力側にある NULL 入力不可のカラムが SELECT リストに 1 つ以上存在する必要があるため、マテリアライズドビューを即時ビューに変更することはできません。
42WE9 OUTER JOIN の保護側にあるテーブルのプライマリキーカラムが SELECT リストに存在する必要があるため、マテリアライズドビューを即時ビューに変更することはできません。
42WF0 プロシージャは現在変更中または削除中です。
42WF2 ミラーサーバタイプを %1 から %2 に変更できません。
42X00 タイプ '%1' はメソッド呼び出しをサポートしていません ('%2' 付近)。
42X01 タイプ '%1' には '%2' というメソッドはありません ('%3' 付近)。
42X02 メソッド呼び出し '%1' は過負荷と一致しません ('%2' 付近)。使用可能な過負荷は '%3' です。
42X03 タイプ '%1' はインスタンス化可能ではありません ('%2' 付近)。
42X04 メソッド '%1' は、%2 引数で呼び出すことはできません ('%3' 付近)。
42X05 タイプ '%1' は、%2 引数でインスタンス化することはできません ('%3' 付近)。
42X06 インスタンス化 '%1' は過負荷に一致しません ('%2' 付近)。使用可能な過負荷は '%3' です。
42X07 式は配列ではありません。
44000 ベーステーブル '%1' の挿入/更新に対して WITH CHECK OPTION が違反しています。
52002 カラム '%1' が複数のテーブルで見つかったか、SELECT リストの中に 2 つ以上使用されています。相関名が必要です
52003 カラム '%1' が見つかりません。
52004 派生テーブル '%1' にはカラム %2 に対する名前がありません。
52005 テーブル '%2' にカラム '%1' がありません。
52006 カラム '%1' が変数 '%2' に見つかりません。
52009 プライマリキーカラム '%1' はすでに定義されています。
52010 アイテム '%1' はすでに存在しています。
52012 '%1' は複数のテーブルで使用されています。
52W02 相関名 '%1' が見つかりません。
52W03 インデックス '%1' が見つかりません。
52W04 インデックス名 '%1' はユニークではありません。
52W05 テーブルに 2 つのプライマリキーを定義することはできません。
52W06 テーブル '%2' の外部キー '%1' は、既存の外部キーと重複しています。
52W07 外部キー '%1' は見つかりません。
52W08 '%1' を '%2' にジョインするための方法が複数あります。
52W09 プロシージャ '%1' は見つかりません。
52W10 トリガ '%1' が見つかりません。
52W11 トリガの定義が既存のトリガと矛盾しています。
52W12 トリガ定義中の REFERENCES 句が無効です。
52W13 DB 領域 '%1' が見つかりません。
52W14 テーブル '%1' は外部ジョイン循環です。
52W15 テーブル '%1' にはユニークな相関名が必要です。
52W16 ユーザメッセージ %1 はすでに存在しています。
52W17 ユーザメッセージ %1 が見つかりません。
52W18 ユーザ定義データ型 '%1' が見つかりません。
52W19 テーブル '%1' の DB 領域が見つかりません。
52W20 テーブルのカラム数が多すぎます。
52W21 プロシージャまたはトリガ内では、データ定義文は使用できません。
52W22 ビューで、カラムのパーミッションを GRANT することはできません。
52W23 Transact-SQL の外部ジョインの WHERE 句の式が無効です。
52W24 Transact-SQL の外部ジョインで使用されるジョインタイプが無効です。
52W25 不正な比較です。
52W26 共有テンポラリテーブルに対して無効なコミットアクションです。
52W40 インデックス名 '%1' があいまいです。
52W41 接続しているテンポラリテーブルが多すぎます。
52W42 テーブル名 '%1' はあいまいです。
52W43 デフォルトの DB 領域 '%1' が見つかりません。
52W44 シーケンス '%1' が見つかりません。
52W45 シーケンス名 '%1' があいまいです。
52W46 シーケンス '%1' に対する操作 '%2' は無効です。
52W47 シーケンス '%1' はすでに存在します。
52W48 シーケンス %1 で使用できる値はありません。
52W49 シーケンス '%1' の定義が無効です。
52W50 シーケンス '%1' で同一のオプションに複数の設定が指定されています
52W51 この接続のシーケンス '%1' には 'currval' 演算子はまだ定義されていません。
52W52 このデータベースでは、シーケンスジェネレーターはサポートされていません。
52W53 このデータベースでは、WITH NULLS NOT DISTINCT 句のユニークインデックスはサポートされていません
52W54 シーケンス %1 の次の値を除外する範囲は指定できません
53002 INSERT 文に指定した値の数が正しくありません。
53003 '%1' に対する関数またはカラムの参照も GROUP BY 句に記述する必要があります。
53005 ORDER BY 句の指定が不正です。
53011 ビューに定義されるカラムの数が SELECT 文と一致しません。
53017 %1 を %2 に変換できません。データファイルのロー %4 のカラム '%3' に不正な値が指定されています
53018 値 %1 をデータ型 %2 に変換できません。
53019 プロシージャ '%1' からの戻り値のタイプ void はすべての式で使用できません。
53020 TREAT AS は拡張タイプでのみ使用できます。%1 を %2 として処理することはできません。
53021 値 '%1' をタイプ %2 として処理することはできません。動的タイプは %3 です。
53023 SELECT リストの中にカラムが 2 つ以上指定されています
53026 UNION、INTERSECT、または EXCEPT の Select リストの長さが一致していません。
53030 外部キーのカラム '%1' にプライマリキーと異なる定義があります。
53W01 ALTER 句が矛盾しています。
53W02 式を更新できません。
53W04 '%1' を '%2' にジョインできません。
53W05 インデックスのカラムを変更することはできません。
53W06 トリガの定義で参照されているカラムは削除または名前の変更ができません。
53W07 RAISERROR のエラー番号 %1 は、17000 未満にしないでください。
53W08 フォーマット文字列の引数番号 %1 が無効です。
53W09 WRITETEXT または READTEXT のカラムのデータ型が無効です。
54003 識別子 '%1' が長すぎます。
54W01 文のサイズまたは複雑度がサーバの制限を超えています。
54W02 データベースの制約が多すぎます。
54W03 データベースのページサイズが小さすぎます : %1
54W04 指定されたリスナを登録できませんでした。
54W05 テンポラリ領域の制限を超えています。
54W06 文字列が長すぎます (%1)。
54W07 パスワードは最低 %1 文字以上でなければなりません。
54W08 パスワードの長さは %1 文字以内です。
54W09 文字カラム、変数、または値のデータ型のサイズが 32767 を超えました。
54W10 データベースのユーザが多すぎます
54W11 BLOB への参照が多すぎます
54W12 オープンカーソルが多すぎます
54W13 SELECT リストのカラムが多すぎます
54W14 GROUP BY リストの式が多すぎます
54W15 プロシージャ結果セットのカラムが多すぎます
54W16 MESSAGE...FOR CONNECTION メッセージが多すぎます
54W17 最大文字列長を超えました。
54W50 仮想インデックスの作成に %1 を超えるカラム数が使用されています
54W51 テーブルの再編成はすでにテーブル "%1" で実行中です
54W52 無効なドメイン '%1'
55008 テーブル '%1' にはプライマリキーが定義されていません。
55013 テーブルにはすでにプライマリキーが定義されています。
55W02 テーブルは空でなければなりません。
55W03 ランタイムシステムでは、テーブルを所有しているユーザを削除することはできません。
55W04 ランタイムサーバでは、プロシージャを持つユーザを削除できません。
55W05 メッセージまたはデータ型を所有するユーザは削除できません。
55W06 レプリケーションでのオブジェクトを持つユーザを削除できません。
55W07 db_init が呼び出されていないか db_init の呼び出しに失敗しました。
55W08 読み込み専用データベースに対しての修正は禁止されています。
55W09 トランザクションにエンリストされている場合は、コミットまたはロールバックできません。
55W10 トランザクションにすでにエンリストされている場合は、さらにトランザクションにエンリストすることはできません。
55W11 コミットされていないデータを保留にしたままで、トランザクションにエンリストすることはできません。
55W12 テキスト設定を所有しているユーザは削除できません。
55W14 閉じられたオブジェクトに対する操作は無効です
55W15 サービス '%1' は使用中です。
55W16 オブジェクト '%1' を削除または変更できません。少なくとも 1 つのオブジェクト (%2 '%3') が依存しています。
55W17 ビュー '%1' を使用できません。このビューは無効になっています。
55W18 ビュー '%1' を使用できません。このビューは無効です。
55W19 不正なカラム定義 : %1
55W20 このデータベースは暗号化されたテーブルをサポートしていません
55W21 即時マテリアライズドビューの最後のユニークインデックスを削除できません。
55W23 スナップショットアイソレーションが無効または保留になっています
55W24 トレースを再表示できません : 少なくとも 1 つの有効化されているトレースレベルを指定する必要があります。
55W25 Transact-SQL 外部ジョインは現在無効になっています。
55W26 DB 領域 '%1' にテーブルまたはインデックスが含まれているため削除できません。
55W27 暗号化が有効になっていません。
55W28 トレーシングしたクエリ (%1、%2) は存在しません。
55W29 即時マテリアライズドビュー %1 が依存している複数のテーブルを更新できません。
55W30 TRUNCATE TABLE は許可されません : 初期化された即時マテリアライズドビュー %1 は %2 に依存しています
55W31 依存する即時マテリアライズドビューがあるテーブルでは、オペレーションは認められません。
55W32 WRITETEXT は許可されません : 即時マテリアライズドビュー %1 は %2 に依存しています
55W33 INSERT...ON EXISTING UPDATE は許可されません : 即時マテリアライズドビュー %1 は %2 に依存しています
55W34 使用中の設定は変更できません
55W36 指定された操作を実行できません。ロール '%1' の管理者の人数は、min_role_admins オプションの値よりも小さくなります。
55W37 指定された操作を実行できません。ユーザの設定条件の違反です。
55W38 ランタイムサーバでは、シーケンスを持つロールを削除できません。
55W39 ランタイムサーバでは、イベントを持つロールを削除できません。
55W40 ランタイムサーバでは、Web サービスを持つロールを削除できません。
55W41 ランタイムサーバでは、外部環境オブジェクトを持つロールを削除できません。
55W42 証明書の保存はこのデータベースではサポートされていません。
55W43 指定された証明書は有効ではありません。
55W44 証明書 '%1' が見つかりません
56001 テーブル '%1' には参照動作の外部キーが含まれています。
57014 文の実行がユーザによって中断させられました。
57015 再帰反復が多すぎます。
57W01 タイムアウトになったため、要求が中断されました。
57W02 機能 '%1' の使用は許可されません。
57W03 要求された容量分 DB 領域 '%1' を拡張するのに十分な空き領域がデバイスにありません。
57W04 機能 '%2' を必要とする文 '%1' の使用は許可されません。
57W05 文がタイムアウトになりました : '%1'
57W06 ディスクサンドボックス機能がデータベース '%2' で有効になっている場合、ファイル '%1' は無効です。
57W07 ファイル '%2' のディスクサンドボックスのステータスを決定するときに、データベース '%1' でディスクサンドボックスエラーが発生しました。
57W08 ファイル '%1' のフルパスを見つけるときに、データベース '%1' でディスクサンドボックスエラーが発生しました。
5RW01 パブリケーション '%1' が見つかりません。
5RW02 テーブル '%1' はパブリケーションを持っています。
5RW03 '%2' の '%1' に対するサブスクリプションはすでに存在します。
5RW04 '%2' の '%1' に対するサブスクリプションが見つかりません。
5RW05 ユーザ '%1' はすでにこのデータベースのパブリッシャです。
5RW06 ユーザ '%1' はこのデータベースのリモートユーザではありません。
5RW07 リモートメッセージタイプ '%1' が見つかりません。
5RW08 パススルー文は、現在のパススルーと一致しません。
5RW09 リモートの文が失敗しました。
5RW10 複数の統合ユーザを定義することはできません。
5RW11 同期メッセージタイプ '%1' が見つかりません。
5RW12 '%1' という名前の同期サブスクリプションが見つかりません。
5RW13 '%1' にサブスクリプションを作成できません。
5RW14 ALTER PUBLICATION を使用して同期エントリを変更できません。
5RW15 ALTER SYNCHRONIZATION を使用してパブリケーションエントリを変更できません。
5RW16 プライマリキーがないためテーブル '%1' と同期できません。
5RW17 同期処理ではテーブル '%1' にプライマリキーを含める必要があります。
5RW18 BLOB プライマリキーでテーブル '%1' に同期エントリを作成できません。
5RW19 パブリケーションで使用するテーブル '%1' のプライマリキーを更新できません。
5RW21 他の排他インスタンスが実行されているため、'%1' を登録できません。
5RW22 他の '%1' を排他アプリケーションとして登録できません。
5RW23 アプリケーションの cookie が無効なため接続を登録できません。
5RW24 cookie が無効なためアプリケーションの登録を取り消せません。
5RW25 アクティブな登録された接続があるため '%1' の登録を取り消せません。
5RW26 現在の接続はすでに '%1' に '%2' として登録されています。
5RW27 他の接続はすでに '%1' として登録されています。
5RW28 登録 cookie が足りないため '%1' を登録できません。
5RW29 自動ラベルが足りないため '%1' に接続を登録できません。
5RW32 同期オプション '%1' にセミコロン、等号、または中カッコが含まれているか、オプションが NULL です。
5RW33 同期オプション '%1' が見つかりません。
5RW34 同期オプションが長すぎます。
5RW35 テーブル '%1' は同期サブスクリプションの一部であり、同期スキーマ変更内でしか変更できません。
5RW36 テーブル '%1' はすでにインクルードされています。
5RW37 '%1' という名前の同期ユーザが見つかりません。
5RW38 パブリケーションタイプで操作が競合しています。
5RW40 サブスクリプション '%1' が見つかりません。
5RW41 この操作は、同期スキーマ変更内でしか実行できません。
5RW42 同期スキーマ変更では、データを修正することはできません。
5RW43 同期に失敗し、内部エラー %1 が返されました。
5RW44 同期に失敗しました。詳細については、sp_get_last_synchronize_result (%1) への呼び出しの結果を確認してください。
5RW45 Dbmlsync サーバの起動に失敗しました。
5RW46 Dbmlsync サーバへの接続に失敗しました。
5RW47 SYNCHRONIZE 文がタイムアウトになりました。
5RW48 データベースサーバが dbmlsync サーバのシャットダウンに失敗しました。
5RW49 Dbmlsync サーバがタイムリーなシャットダウンに失敗しました。
5RW50 dbmlsync サーバに十分なデータベースパーミッションがありませんでした。
99999 ユーザ定義の例外が通知されました。
WB001 不明なバックアップ操作です。
WB002 データベースのバックアップを起動できません。
WB003 トランザクションが終了していないため、トランザクションログの名前の変更はできません。
WB004 データベースファイルが削除できません。
WB005 トランザクションログはトランケートされました。
WB006 バックアップファイルの内容が矛盾しています。
WB007 バックアップファイルのフォーマットが無効です。
WB008 RESTORE によってファイル '%1' を開くことができません。
WB009 RESTORE によってファイル '%1' に書き込むことができません。
WB010 RESTORE によってデータベース '%1' を起動できません。
WB011 バックアップログ '%1' が開けません。
WB012 バックアップファイル '%1' はすでに存在します。
WB013 無効なバックアップ操作です。
WB014 BACKUP を実行しようとした接続には、コミットされていないトランザクションがあります。
WB015 無効なバックアップパラメータ値です。
WB016 BACKUP 句 '%1' が '%2' と競合します
WB017 バックアップはデータベースファイル '%1' を開けません。
WC001 '%1' は認識できない文字セットエンコードラベルです。
WC002 要求された文字セット '%1' とデータベース側文字セット '%2' 間の変換はできません。
WC003 %1 から %2 に変換するときに、無効なマルチバイトの入力文字が検出されました。
WC004 指定した UTF-16 エンディアンは、データで見つかった Byte Order Mark に一致しません
WC005 %1 から %2 に変換する場合は文字の置換が必要です。
WC007 シングルバイトコンバーターの利用時には、文字変換のエラーまたは警告レポートは使用できません。
WC008 要求された文字セット '%1' と '%2' 間の変換はできません。
WC009 '%1' は、照合 '%2' で使用するのに有効な文字セットエンコードではありません。
WC010 '%1' は、NCHAR 照合として使用できません。UCA と UTF8BIN のみを使用できます。
WC011 文字セット '%1' から '%2' への変換が失敗しました。
WC012 dbicu ライブラリが必要ですが、インストールされていません
WC013 照合 '%1' はこのプラットフォームではサポートされていません。
WC014 dbicu ライブラリとサーバのバージョンが一致しません。
WC015 データベース "%1" を開始できません。このプラットフォームでは、CHAR 照合または適合化がサポートされていません。
WC016 データベース "%1" を開始できません。このプラットフォームでは、NCHAR 照合または適合化がサポートされていません。
WC017 '%1' を '%2' データのエンコード指定として使用することはできません。
WC018 照合 '%1' を認識できません。
WE001 イベント '%1' が見つかりません。
WE002 イベント '%1' がすでに存在します。
WE003 イベント '%2' に対するスケジュール '%1' が見つかりません。
WE004 イベント '%2' に対するスケジュール '%1' はすでに存在します。
WE005 イベント '%2' の曜日または月 '%1' が無効です。
WE006 イベント '%2' の時刻 '%1' が無効です。
WE007 イベント '%1' の開始日時が無効です。
WE008 システムのイベントタイプ '%1' が見つかりません。
WE009 イベント '%1' は使用中です。
WE010 繰り返されないイベント '%1' の開始日時が過去に設定されています。
WE011 イベント通知キュー '%1' が満杯なため、通知は破棄されました
WE012 キュー '%1' でイベント通知が失われました
WE013 イベント通知キュー '%1' に警告は見つかりません
WE014 イベント通知キュー '%1' が見つかりません
WE015 イベントオブジェクト名 '%1' は無効です
WE016 '%1' という名前のイベントオブジェクトはすでに存在します
WE017 タイムアウトするまでに、キュー '%1' で通知がありませんでした
WE018 イベントパラメータ '%1' が見つかりません
WE019 トレースイベント '%1' は無効です
WE020 指定されたセッション名 '%1' は無効です
WE021 トレースイベント '%1' はすでに存在します
WE022 トレースイベント '%1' が 1 つ以上のセッションによって参照されています。参照しているセッションを先に削除してください。
WE023 トレースイベントセッション '%1' はアクティブです。アクティブなセッションを停止してからセッションを削除してください。
WE024 トレースイベント '%1' の引数が多すぎます。
WE025 アクティブなトレースイベントセッションが多すぎます。
WE026 トレースイベントセッション '%1' はすでにアクティブです。
WE027 トレースイベントセッション '%1' の 1 つ以上のターゲットが開始に失敗しました。
WE028 トレースイベントセッション '%1' の開始に失敗しました。
WE029 トレースイベントセッション '%1' はすでに停止しています。
WE030 トレースイベントセッション '%1' にはすでにトレースイベント '%2' があります。
WE031 指定されたターゲットタイプ '%1' は無効です
WE032 ターゲットタイプ '%2' に不明なオプション '%1' が指定されています。
WE033 ターゲットタイプ '%2' にオプション '%1' が指定されていません。
WE034 トレースイベントセッション '%1' にはすでにターゲットタイプ '%2' があります。
WE035 トレースイベントセッション '%1' にはトレースイベント '%2' がありません。
WE036 トレースイベントセッション '%1' にはトレースイベント '%2' がありません。
WE037 トレースイベントセッション '%1' はすでに存在します。
WE038 トレースターゲットオプション '%1' は、すでに使用されているオプション '%2' と競合します。
WI002 テーブル %1、インデックス %2 のインデックスの検証は次のコードで失敗しました : %3
WI003 データベースページの検証は次のコードで失敗しました : %1
WI004 内部ロールバックログが破損しています。
WI005 テーブル '%2' に対するインデックス '%1' を見つけることができません。
WI009 クラス '%1' を使用して Java オブジェクトをシリアル化できません。
WI010 オプティマイザは有効なアクセスプランを構成できませんでした。
WI011 必要な演算子が含まれていません。
WJ001 メソッド '%1' は現時点では呼び出せません。
WJ003 指定されたトランザクションの独立性が不正です。
WJ004 カーソル名 '%1' はすでに存在します。
WJ005 入力パラメータインデックスが範囲外です。
WJ030 外部環境 '%1' が見つかりませんでした。
WJ031 外部環境は結果セットをサポートしていません。
WL001 '%1' は既知のファイル形式でないため、テーブルをロードまたはアンロードできません。
WL002 ファイル '%1' にアクセスできません -- %2
WL004 UNLOAD TABLE は、ビューのアンロードには使用できません。
WL005 トランザクションをエンリストできません。DTC がダウンしている可能性があります。
WL006 トランザクションを再エンリストできません。DTC がダウンしている可能性があります。
WL007 テンポラリテーブル上では LOAD TABLE を ON COMMIT DELETE ROWS と併用できません。
WL008 LOAD TABLE ...WITH FILE NAME LOGGING はミラーリングされたテーブルで許可されていません
WL009 別のテーブルからの外部キー参照があるテンポラリテーブルには、LOAD TABLE は使用できません。
WL010 指定したロギングタイプ ( '%1' ) は無効か、サポートされていないか、または互換性がありません。
WL011 テーブル "%1" のカーソルを閉じることができません。LOAD TABLE は実行できません。
WL012 圧縮または暗号化の使用中は付加できません
WL013 LOAD TABLE エラー : %1
WL014 マテリアライズドビュー %1 では、LOAD TABLE は許可されません
WL015 LOAD TABLE は許可されません : 初期化された即時マテリアライズドビュー %1 は %2 に依存しています
WL016 LOAD TABLE オプション '%1' はフォーマット %2 とは併用できません。
WL017 LOAD TABLE エラー : データファイルのロー %1 で無効なコンテンツが検出されました
WL018 フォーマット '%1' は、UNLOAD 文ではサポートされていません
WO001 サーバ '%1' に接続できません : %2
WO002 接続できません。サーバ定義が循環しています。
WO003 リモートサーバ '%1' は現在読み込み専用に設定されています。
WO004 リモートサーバ '%1' が見つかりませんでした。
WO005 サーバ '%1': %2
WO006 後方スクロールカーソルはリモートオブジェクトではサポートされません。
WO007 リモートテーブル '%1' が見つかりませんでした。
WO008 テーブル '%1' のカラム情報にアクセスできませんでした。
WO009 テーブルパラメータ化ファンクションはどのサーバタイプについても許可されません。
WO010 %1
WO011 リモートサーバはオートインクリメントするデータ型をサポートしていません。
WO012 リモートサーバにはこの文をサポートする機能がありません。
WO013 サーバ '%1' の外部ログインが見つかりませんでした。
WO014 サーバ機能名 '%1' がデータベース内に見つかりませんでした。
WO015 カラム '%1' に指定されたデータ型は、実際のデータ型と互換性がありません。
WO016 カラム '%1' はリモートテーブルに存在しません。
WO017 カラム '%1' に指定された長さは実際の長さと異なります。
WO018 NULL 属性はカラム '%1' に適合しません。
WO019 Identity 属性はカラム '%1' に適合しません。
WO020 テーブル仕様 '%1' が複数のリモートテーブルを指定しています。
WO021 計算カラムを使用したリモートテーブルの作成はサポートされていません。
WO022 カラムまたは変数 '%1' のデータ型はサポートされていません
WO023 ストアドプロシージャ内のリモートテーブルに関わる式を処理できません。
WO024 指定されたローカル接続 ID が見つかりません。
WO025 ローカル接続 ID は現在のデータベースを参照していません。
WO026 現在の接続ではないリモート JDBC 接続は閉じることができません
WO027 ファイルシステムエラー : %1
WO028 このユーザには外部ログインが存在するため、削除できません。
WO029 MIRROR サーバクラスは IQ データベースではサポートされていません。
WO030 MIRROR サーバクラスを使用するには、データベースをアップグレードする必要があります。
WO031 外部プロシージャまたはファンクションは、どのサーバタイプについても許可されません。
WO032 リモート接続を確立するときに、セキュリティトークンを使用できません
WO033 %1 リモートデータアクセスクラスはサポートされなくなりました。代わりに %2 を使用してください。
WO035 リモート カラム %1 は、間違って指定されました。
WP000 プロシージャ '%2' の引数 %1 に NULL は指定できません。
WP001 プロシージャ '%1' は処理されない例外 '%2' で終了しました。
WP002 '%1' は有効なクラスファイルではありません。
WP003 クラス '%1' を JAR から圧縮解除できませんでした。
WP004 クラス '%1' を削除できません : JAR のメンバーです。
WP005 クラスのバイトコードが不正です。
WP006 '%1' が見つからないため、外部環境を起動できませんでした。
WP007 内部関数でネームスペースのヒープが足りなくなりました : %1
WP008 内部関数で Java VM のヒープが足りなくなりました : %1
WP009 %1 のリソースガバナーが制限を超えています。
WP010 不正な JAR ファイルです。
WP011 前回のエラーが RESIGNAL の前になくなりました。
WP012 %1 から返された結果セットのスキーマは予期されているものと異なります。
WP013 %1 から複数の結果セットが返されました。
WP014 %1 から結果セットが返されません。
WP015 Java VM を開始するキャッシュが足りません。
WP016 SELECT INTO を最適化しているときに検出された警告はエラーとして処理されます。
WP017 %1 秒間で外部環境は起動に失敗し接続を確立できませんでした。
WP018 データベースを起動中に外部環境を起動することはできません。
WP019 外部プロセスが起動時に終了したため、外部環境を開始できません。
WP020 Table Parameterized ファンクションと V4 TableUDF は、このデータベースではサポートされていません。
WP021 複数のテーブルパラメータはサポートされていません。
WP022 外部参照は TPF 入力テーブルで許可されていません。
WT001 引数 "%1" はカラム参照である必要があります。
WT002 すべてのカラム参照引数は、同じテーブルを参照しなければなりません。
WT003 一致するテキストインデックスがありません。
WT004 テキストクエリ文字列が定数ではないか、不明です。
WT005 テキスト設定 "%1"."%2" が見つかりません。
WT006 テキスト設定 "%1" はすでに存在します。
WT007 単語の長さが許容範囲を超えています。
WT008 照合が無効です : "%1"
WT009 テキストクエリパーサエラー : %1
WT010 テーブル '%2' のテキストインデックス '%1' を作成するときにエラーが発生しました。
WT011 このデータベースではテキストインデックスはサポートされていません。
WT012 テキストインデックスにより参照されているテキスト設定を変更または削除することはできません。
WT013 テキストインデックスの一部であるテーブルにはアクセスできません。
WT014 テキスト設定 '%1' を作成できません。オプション '%2' に不適切な設定があります。
WT015 IMMEDIATE REFRESH テキストインデックスには文を使用できません。
WT016 テキストクエリで、NEAR 演算子の使用が無効です。
WT017 このプロシージャに対する引数はリテラル文字列である必要があります。
WT018 指定したストップリストが長すぎます。
WT019 テキストインデックス %1 を再表示する必要があります。
WT020 ビューまたは派生テーブル '%1' では、CONTAINS クエリは許可されません。
WT021 "%1" と同じ設定でこのテーブルに新しいテキストを作成できませんでした。
WT022 テキストクエリーには 300 語以上含めることはできません。
WT023 ストップリストの値には NULL は指定できません。
WT024 増分リフレッシュは、ハンドルが不足しているときには実行できません。
WT025 ストップリストの値が無効です。
WT026 指定した外項ブレーカーは無効です。
WT027 外部事前フィルタの初期化中にエラーが発生しました。
WT028 外項ブレーカーの初期化中にエラーが発生しました。
WT029 指定した外部事前フィルタ名は無効です。
WT030 カラム "%1" で外部事前フィルタライブラリのないテキストインデックスを作成できませんでした。
WT031 カラム "%1" で外部事前フィルタライブラリのあるテキストインデックスを作成できませんでした。
WT032 外部ライブラリからエラーが発生しました : -%1: %2
WT033 サーバタイプではテキストインデックスが許可されません。
WT034 外部事前フィルタを使用したテキストインデックスには、バイナリと文字列の両方のカラムを含めることができません
WT035 テキストインデックスが含まれる外部ライブラリの使用をサポートするには、データベースのアップグレードが必要です。
WT036 テキストインデックス %1 は、テキストプロシージャ %2 では使用できません
WT037 マテリアライズドビューのテキストインデックスタイプが無効です。
WT038 文はマテリアライズドビューのテキストインデックスでは許可されていません。
WT039 マテリアライズドビュー "%2" のインデックス "%1" の再表示タイプの修正エラー
WT040 テキストクエリで、BEFORE 演算子の使用が無効です。
WT041 このデータベースでは、マテリアライズドビューのテキストインデックスはサポートされていません。
WU001 '%1' は認識できないプロパティです。
WU002 Ultra Light データベース展開ファイルが無効です (コード : %1、ファイル : %2)
WW001 パターンが長すぎます。
WW002 データベースサーバを停止できません。
WW003 データベースサーバ外の関数呼び出しはサポートされていません。
WW004 外部関数のプラットフォーム指定子と、現在のオペレーティングシステムが一致しません。
WW005 ダイナミックライブラリ名が必要です。
WW006 ダイナミックライブラリ '%1' をロードできませんでした。
WW007 ダイナミックライブラリ '%2' に '%1' が見つかりませんでした。
WW008 外部関数の呼び出しのためのリソースを割り付けられませんでした。
WW009 式にサポートされていないデータ型があります。
WW010 この外部プロシージャの呼び出しには、パラメータ数が多すぎます。
WW011 内部用のスレッドが起動できませんでした。
WW012 RAISERROR が実行されました : %1
WW013 クラス '%1' はパブリックなフィールド '%2' がありません。
WW014 フィールドに対して不正な型を参照しました。
WW015 クラス '%2' のフィールド '%1' は NULL になることはできません。
WW016 '%1' のインデックスの型の指定は不正です。
WW017 データベース '%1' の削除に失敗しました。
WW018 Java オブジェクトをデシリアライズできません。
WW019 プリフェッチの間にデッドロックされたためロールバックが発生しました。
WW020 行 %1 に無効な要求ログフォーマットがあります。
WW022 Java クラス '%1' にインデックスを作成できません。
WW023 計算カラム '%1' を挿入または更新できません。
WW024 通信環境を作成できませんでした。
WW026 現在のコンテキストでは、外部関数呼び出し '%2' によって使用されるバージョン 'V%1' のインタフェースの実行はサポートされていません。
WW027 dbmlsync ダウンロードフェーズとの競合が検出されました。
WW028 指定された DB 領域の少なくとも 1 つが調整されていませんでした
WW029 ワークロードキャプチャ (%1) はすでに進行中です。
WW030 ワークロードキャプチャは現在行われていません。
WW031 スキーマファイル '%1' にアクセスできません。
WW032 最後の同期アップロードのステータスは不明です。
WW033 スキーマのアップグレードは現在有効ではありません。
WW034 データベース '%1' が見つかりませんでした。
WW035 この接続はすでに存在します。
WW036 同期の情報が不完全か無効です。'%1' を確認してください。
WW037 圧縮エラー : %1
WW038 解凍エラー : %1
WW039 入力文字列は base64 でエンコードされていません。
WW040 Ultra Light の接続がリストアされました。
WW041 Ultra Light のカーソル (あるいは結果セットまたはテーブル) がリストアされました。
WW042 チェックサムがこのデータベースで有効にされていません。
WW043 '%1' のファイル I/O に失敗しました。
WW044 '%1' のボリューム ID が不正です。
WW045 操作が失敗しました。カラム '%1' のタイプがストリーミングをサポートしていません
WW046 スクリプトファイルの行の区切りに文デリミタ "go" がありません
WW047 出力ファイルのディレクトリが存在しません。
WW048 出力ファイルを書き込めません。
WW049 URI '%1' が無効です。
WW050 '%1' で指定されたリモートホストに接続できません。
WW051 接続がタイムアウトしました。
WW052 HTTP 要求に失敗しました。ステータスコード '%1'
WW053 暗号化 DLL を初期化できませんでした : '%1'
WW055 プロシージャタイプ '%1' が無効です。
WW056 タイプ '%2' のプロシージャサブタイプ '%1' が無効です。
WW057 HTTP サーバからの応答が無効です。
WW058 プロシージャタイプ '%1' の NAMESPACE 属性が無効です。
WW059 リモートホストへの安全な接続に失敗しました : %1
WW060 句 '%1' に無効な属性 '%2' があります。
WW061 データベースが作成されました
WW062 オプション '%1' が認識されません
WW063 安全な HTTP 接続はこのプラットフォームではサポートされていません
WW064 プロシージャタイプ '%2' の '%1' 属性が無効です。
WW065 ローカルテンポラリとして宣言されたテーブルにコメントを追加できません。
WW066 トレースを再表示できません : sa_diagnostic_tracing_level ロー %1 に無効なトレース指定があります。
WW067 トレースを再表示できません : ロー %2 でオブジェクト %1 の検出に失敗しました。
WW068 トレースを再表示できません : ロー %2 に指定されている %1 を収集するには、volatile_statistics を収集する必要があります
WW069 ATTACH TRACING TO LOCAL DATABASE は、強力な暗号化が施されているデータベースでは使用できません。
WW070 HTTP ヘッダ '%1' は予約されているため変更できません
WW071 指定した HTTP ヘッダに不正な文字または非 ASCII 文字が含まれています
WW072 指定した HTTP ヘッダは不正です
WW073 カラム '%1' は、それを含んでいるテーブルのどのインデックスにも属していません
WW074 ダウンロードをリトライできません。アップロードが完了していません
WW075 部分ダウンロードが見つかりませんでした
WW077 オペレーションに指定されているパブリケーションが多すぎます
WW078 デバイス上のファイルシステムにアクセスできません
WW079 このデータベースはキー不使用の暗号化を使用するため、要求された操作を実行できません
WW080 同期がすでに進行中のため、Ultra Light は同期できません
WW081 同期の情報が指定されていません
WW082 データベース '%1' に対して指定したファイルシステムボリュームが見つかりません
WW083 ローがデータベースのページサイズを超えているため、ローを格納できません。
WW084 最大パラメータ数 '%1' を超えました。
WW085 MIME タイプ '%1' が不正です。
WW086 '%1' 属性の '%2' 内でカッコが対応していません。
WW087 '%1' 属性の '%2' 内でカンマが見つかりません。
WW088 属性 '%1' で、'%3' と互換性のないオプション '%2' が設定されています。
WW089 テーブル '%1' の最大ローサイズを超過します。
WW090 ミラー '%1' がデータベース '%2' と一致しません。
WW091 SQL スクリプト DLL をロードできません。
WW092 クライアントアプリケーションでは、データの転送は許可されていません ('%1')
WW093 クライアントアプリケーションで、データの転送が許可されませんでした ('%1')
WW094 クライアントライブラリで、転送中のデータにアクセスする際にエラーが発生したことが報告されました ('%1')
WW095 トランザクションログミラーリングは、データベースミラーリングで使用できません
WW096 オプションウォッチリストに含まれているため、データベースオプション "%1" を設定できません
WW097 ログインポリシー '%1' はすでに存在します
WW098 ログインポリシー "%1" が見つかりません
WW099 このデータベースに対してログインポリシーはサポートされていません
WW100 ログインポリシー "%1" は使用中です
WW101 ユーザ '%1' はすでに存在します
WW102 クライアントライブラリで、転送中のオブジェクト ('%1') を開く際にエラーが発生したことが報告されました
WW103 クライアントライブラリで、転送中のオブジェクト ('%1') にアクセスする際にパーミッションエラーが発生したことが報告されました
WW104 このデータベースでは、外部環境はサポートされていません。
WW108 外部ライブラリ '%1' は使用中です
WW109 外部ライブラリ '%1' をロードできませんでした
WW114 Ultra Light データベースステータスがリストアされました。
WW115 破損したページ (ページ '%1') の読み込みをリトライしています。
WW116 ミラーファイルには、これより高い checksum_level が必要です。
WW118 データベース '%1' の暗号化に失敗しました
WW119 データベース '%1' の復号化に失敗しました
WW120 ミラーリングされたデータベースに対して '%1' 文を使用することはできません
WW130 このデータベースでは、データベースミラーリングオプションはサポートされていません。
WW131 ミラーサーバ "%1" が見つかりません。
WW132 ミラーサーバ "%1" はすでに存在します。
WW133 ミラーサーバ "%1" は別のサーバによって参照されています。
WW134 プリンシパルミラーサーバはすでに定義されています。
WW135 ミラーサーバ "%1" は有効な親サーバではありません。
WW136 現在のサーバが preferred とマーク付けされている場合は、フェイルオーバーを実行することはできません。
WW137 このデータベースでは、同期スキーマ変更およびスクリプトバージョンはサポートされていません。
WW138 パブリケーション '%2' のテーブル '%1' のカラムサブセットが、パブリケーション '%3' データベース指定した値と一致しません。
WW139 テーブルまたはビュー '%1' はこの文では使用できません。
WW140 同期スキーマ変更はすでに進行中です。
WW141 '%2' のパブリケーション '%1' に対するサブスクリプションが文から除外されました。
WW142 この文を実行中に接続でテーブルロックを保持することはできません。
WW143 テーブル '%1' をパブリケーション '%2' に含めるには同期する必要があります。
WW144 '%1' の機能は認識できないか無効です。
WW145 '%1' の機能は、この接続によってロックされていません。
WW146 '%1' の機能は、別の接続によってロックされています。
WW147 '%1' の機能は、同期が進行中のためロックされています。
WW148 blocking_others_timeout によりロールバックが発生しました。
WW151 ミラーサーバ名 '%1' は、現在のサーバ名に一致しません。
WW152 このミラーサーバの親サーバは現在接続されていません。
WW153 このミラーサーバの親は、プライマリサーバではありません。
WW154 ミラー子サーバの作成に失敗しました。
WW155 タイプ '%1' のミラーサーバはすでに定義されています。
WW156 自動ミラーサーバの親を割り当てることができません。
WW159 データベースサーバ名 '%1' に、プライマリまたはミラーサーバと同じ名前を指定することはできません。
WW160 タイプ COPY のミラーサーバが、ライセンスが付与された最大数を超えました。
WW161 同期に失敗しました。詳細については、dbmlsync のログファイルを確認してください。
WW162 Dbmlsync サーバへの接続に失敗しました。詳細については、dbmlsync のログファイルを確認してください。
WW163 Dbmlsync サーバのシャットダウンに失敗しました。詳細については、Dbmlsync のログファイルを確認してください。
WW164 Dbmlsync サーバの起動に失敗しました。詳細については、dbmlsync のログファイルを確認してください。
WW165 テンポラリテーブル '%1' が、前回使用後から変更されました。
WW166 プライマリサーバにクォーラムがないため、トランザクションがコミットされない可能性があります
WW202 LDAP サーバ "%1" がすでに存在しています。
WW203 LDAP サーバ "%1" にメモリを割り付けようとして、失敗しました。
WW204 LDAP サーバ "%1" を削除しようとして失敗しました。削除するには、サーバを中断します。
WW205 LDAP ユーザ認証機能は、このデータベースではサポートされていません。
WW206 LDAP サーバ "%1" は、ログインポリシー "%2" によって使用されています。
WW207 Mobile Link クライアントサポートライブラリのロードに失敗しました。
WW208 "%1" の LDAP サーバの定義は不完全です。検索 URL、アクセス識別名、パスワード、認証 URL が必要です。
WW210 コレクションタイプの使用が無効です。
WW211 URL '%1' とのバインドは失敗しました。報告されたもっとも新しい LDAP API エラーは、'%2' です。
WW212 パスワードの暗号化が失敗しました。エラーメッセージ '%1'。
WW213 指定された識別名 '%1' は、検索結果 '%2' と一致しません。
WW214 1 つ以上の無効な値が設定されているため、'%1' を使用した検索が失敗しました。
WW215 LDAP サーバがアクティブな状態のとき、LDAP サーバ '%1' を変更できません。
WW216 指定された値が長すぎます。%1 バイトの制限を超えています。
WW217 指定された値は必要な範囲 %1 ~ %2 にありません。
WW218 LDAP サーバ %1 は、匿名のバインドを受け入れない可能性があります。
WW219 パスワードなしでの LDAP サーバ %1 とのバインドは許可されていません。
WW220 LDAP サーバ %1 での検索は、一致する結果なしで完了しました。
WW229 パラメータ '%1' に NULL は指定できません
WW230 操作は許可されていません
WW231 操作 '%1' は次の理由で失敗しました : '%2'
WW232 '%1' の変換中にアンダーフローが発生しました
WW234 自動データベースアップグレードが適用されました
WW240 TLS ON は、URL %1 と一緒には使用できません。
WW241 IDENTIFIED BY の値を 1 つだけ指定できます。
WW242 監視サーバ "%1" を削除または変更するにはパートナへの接続が必要です。
WW243 ログインポリシーオプション "%1" の値が無効です。
WW245 LDAP サーバでの唯一のログインポリシーであるログインポリシー "%1" によって参照され、login_mode の値が "LDAPUA" であるため、LDAP サーバの削除が妨げられました。
WW246 唯一の LDAP サーバであり、login_mode の値が "LDAPUA" であるため、LDAP サーバ "%1" の削除が妨げられました。
WW247 Ultra Light の起動時にデータベースリカバリが実行されました
WX001 カラム名は %1 でなければなりません。
WX002 XML パーサエラー : %1
WX003 XPath パーサエラー : %1
WX004 OPENXML に渡されたフラグ値は不正です。
WX005 不正なタグ値 : '%1'
WX006 不明な FOR XML EXPLICIT ディレクティブ : '%1'
WX007 不正なカラム名 : '%1'
WX008 親が開いていません : '%1'
WX009 宣言されていないタグ ID : '%1'
WX010 カラム数が少なすぎます。
WX011 CDATA に名前が必要です。
WX012 XQuery コンストラクタが無効です。
WX013 XMLGEN 評価が失敗しました。
WX014 引数の名前がありません。
WX015 XML 出力に制御文字があります。
WX016 OPENXML クエリのメモリが足りません。
WX017 タグ ID :'%1' は、配列によってバインドされていない値を指定します。
WX018 オフセット '%1' でのエラー : 予期しないトークン '%2'
WX019 オフセット '%1' でのエラー : 予期しない後続テキスト
WX020 オフセット '%1' でのエラー : 無効なデータ
WX021 オフセット '%1' でのエラー : 予期されたトークン '%2'
WX022 オフセット '%1' でのエラー : 予期された JSON の名前と値のペア
WX023 オフセット '%1' でのエラー : オブジェクトまたは配列ターミネータが一致しません
WX024 無効な変数またはタイプ