Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 紹介 » SQL Anywhere 16 の概要

 

アクセシビリティ

SQL Anywhere は 1973 年に制定された米国連邦リハビリテーション法の 508 条 (29 U.S.C. 794d) をサポートしています。

次の表に、Windows x86 と x64 オペレーティングシステムプラットフォームで製品を実行している場合、米国連邦リハビリテーション法の 508 条で指定されたアクセシビリティ要件を SQL Anywhere がどのように満たしているかを示します。このソフトウェアには、アクセシビリティツールの使用を可能にするアクセシビリティ有効化コンポーネントが含まれています。

このマニュアルで示す SQL Anywhere のコンポーネントは、次のとおりです。

 サードパーティツール
 SQL Anywhere 16.0 VPAT (Voluntary Product Accessibility Template: 自主的製品アクセシビリティテンプレート) の概要
 1194.21 条:ソフトウェアアプリケーションおよびオペレーティングシステム
 1194.31 条:機能的性能基準
 1194.41 条:情報、マニュアル、およびサポート

Java Access Bridge を使用したアクセシビリティ