Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere 16 紹介

 

データ交換テクノロジの概要

SQL Anywhere では、さまざまなオプションを用意して、既存のエンタープライズシステムやモバイルデバイスとのデータ交換を実現しています。たとえば、次のようなツールが用意されています。

  • Mobile Link - 同期   Mobile Link は、セッションベースの双方向同期を実現します。Mobile Link は、統合データベースと多数のリモート Ultra Light または SQL Anywhere データベースとの間のデータ交換、または中央の非リレーショナルデータソースと多くの Ultra Light または SQL Anywhere データベースとの間のデータ交換に最適です。

    Mobile Link の同期中に、リモートデータベースは Mobile Link サーバを使用した前回の同期後に行われた変更をアップロードします。Mobile Link サーバは、このデータを受信すると、統合データベースを更新し、統合データベースの変更内容をリモートデータベースにダウンロードします。また、データベース間の接続が失われたときにデータベースのトランザクションの整合性を確保します。さらに、データの変更による競合を解決するためのメカニズムも提供します。

    Mobile Link のファイル転送機能を使用すると、接続してデータを同期させるときに、同時にリモートアプリケーションにファイルを転送できるので、新しいリモートデータベースを移植するときや、ソフトウェアをアップグレードするときに便利です。

    また、Mobile Link では、リモートデータと中央のデータソースとを同期させるときに、ダイレクトローハンドリングを実行できます。同期可能なデータソースには、アプリケーション、Web サーバ、Web サービス、アプリケーションサーバ、テキストファイル、スプレッドシート、非リレーショナルデータベース、または統合データベースとしてサポートされていない RDBMS を指定できます。

  • SQL Remote - レプリケーション   SQL Remote は、統合データベースと、一般的には数多くのモバイルデータベースを含む多数のリモートデータベースとの間で双方向同期を行うためのデータレプリケーションテクノロジです。

    SQL Remote では、蓄積転送アーキテクチャをベースに、FTP や電子メールなどのファイルやメッセージの転送メカニズムを使用して、データを同期させます。

    SQL Remote は、トランザクションの整合性を確保するので、多くのビジネスアプリケーション、特に接続が不安定な環境で運用するアプリケーションに最適です。また、レプリケーションシステムのすべてのコンポーネントに必要なメモリとディスク領域は最小限に抑えられています。

 参照

同期テクノロジの比較
伝達方法
同期テクノロジの注意事項