Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Remote » SQL Remote システムの作成 » サブスクリプション

 

SQL Remote サブスクリプションの作成

パブリケーションに対してユーザをサブスクライブするには、サブスクリプションを作成します。

前提条件

SYS_REPLICATION_ADMIN_ROLE システムロールを持っていて、パブリケーションがすでに作成されている必要があります。

内容と備考

パブリケーションに含まれる情報を共有する各データベースには、そのパブリケーションに対するサブスクリプションが必要です。データベース内の各パブリケーションに対して変更を加えると、その変更内容はパブリケーションのすべてのサブスクライバに定期的にレプリケートされます。このようなレプリケーションを、パブリケーションの更新と呼びます。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、SQL Anywhere 16 プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. データベース名をダブルクリックします。

  3. [SQL Remote サブスクリプション] をダブルクリックします。

  4. [ファイル] » [新規] » [SQL Remote サブスクリプション] をクリックします。

  5. SQL Remote サブスクリプション作成ウィザードの指示に従います。

    サブスクリプションの詳細は、パブリケーションにサブスクリプション式を使用するかどうかによって異なります。

結果

パブリケーションに対するユーザのサブスクリプションが作成されます。