Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Remote » SQL Remote システムの管理 » リモートデータベースの抽出

 

リモートデータベースを自動的に抽出する

統合データベースを抽出して、スキーマとデータを新しいデータベースにリロードします。データの中間コピーはディスク上に作成されません。

前提条件

EXECUTE ANY PROCEDURE および SELECT ANY TABLE 権限が必要です。SELECT ANY TABLE 権限は SYS_REPLICATION_ADMIN_ROLE ロールに付属しています。

内容と備考

再ロードファイルへのリモートデータベースの抽出の詳細については、リモートデータベースの抽出を参照してください。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、SQL Anywhere 16 プラグインを使用して統合データベースに接続します。

  2. [ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースの抽出] をクリックします。

  3. 接続する統合データベースを選択して、抽出します。

  4. プロンプトが表示されたら、[新しいデータベースへの抽出と再ロード] をクリックします。

    プロンプトが表示されたら、[構造とデータを抽出] をクリックします。

  5. ウィザードの指示に従い、デフォルト値をそのまま使用します。

結果

適切なスキーマ、リモートユーザ、パブリケーション、サブスクリプション、トリガを含む新しいリモートデータベースが作成されます。デフォルトでは、統合データベースのデータがリモートデータベースに抽出され、サブスクリプションが開始されます。ただし、ウィザードでは、SQL Remote Message Agent が開始されないため、メッセージが交換されません。

 参照