Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light データベース管理とリファレンス » チュートリアル:Ultra Light の CustDB サンプルアプリケーションの構築

 

レッスン 5:Mobile Link 同期スクリプトのブラウズ

このレッスンでは、CustDB の同期ロジックの機能をよく理解するために、同期スクリプトをブラウズします。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:CustDB アプリケーションの構築と実行を参照してください。

 ♦ タスク
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. [Sybase Central] の左ウィンドウ枠で、[Mobile Link 16] を右クリックして、[プロジェクトを開く] をクリックします。

  3. %SQLANYSAMP16%\MobiLink\CustDBに移動し、project.mlp をクリックします。

  4. [統合データベース] をダブルクリックし、CustDB 統合データベースをダブルクリックします。

    統合データベースをプロジェクトに追加するときに入力した接続情報に基づいて、統合データベースに接続されます。

  5. [接続スクリプト] をダブルクリックします。

    右ウィンドウ枠には、同期スクリプトと、それらが関連付けられているイベントセットがリストされています。Mobile Link サーバが同期処理を実行すると、一連のイベントがトリガされます。このときに、イベントに関連付けられた同期スクリプトが実行されます。同期スクリプトを作成し、同期イベントを割り当てることによって、同期の際に実行されるアクションを制御できます。

  6. [同期テーブル] をクリックします。

  7. 右ウィンドウ枠で、[ULCustomer] をダブルクリックします。

    このテーブル固有のスクリプトセットと、対応するイベントが表示されます。これらのスクリプトは、ULCustomer テーブルのデータがリモートデータベースと同期される方法を制御します。

結果

同期スクリプトを確認しました。

次の手順

なし。

 参照