Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light データベース管理とリファレンス

 

Ultra Light の配備

ほとんどの場合、開発は、Ultra Light をモバイルデバイスとして使用することを最終リリース目標として、Windows デスクトップまたは Mac OS X 上で行われます。ただし、開発環境によっては、さまざまな配備メカニズムを使用して Ultra Light をインストールできます。

Ultra Light アプリケーションプロジェクトは、同じ Ultra Light データベースを開発データベース、テストデータベース、配備された運用データベースなど、さまざまな用途に使用することによって発展させることができます。配備されたデータベースアプリケーションの存続期間の間、変更や改善は、まず開発データベースで行われ、テストデータベースに伝達された後、最終的に運用データベースに配布されます。

Ultra Light アプリケーションで使用する必要があるモジュールは、目標とするプラットフォーム、使用するインタフェース、および使用したい機能によって異なります。

 参照

Ultra Light アプリケーションのビルドと配備の仕様
Ultra Light および Ultra Light Java Edition データベースの配備に関する制限事項
Ultra Light データベーススキーマのアップグレードの配備
Ultra Light エンジンの起動
Ultra Light の ActiveSync プロバイダの配備
ActiveSync Manager を使用したアプリケーションの登録