Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースのタスクと機能

 

独立性レベル

独立性レベルは、あるトランザクションの操作が、同時に処理されている別のトランザクションの操作からどの程度参照できるかを定義します。Ultra Light は、接続に対してデフォルトの独立性レベル、read_committed を使用します。Ultra Light のデフォルトの独立性レベルでは、コミットされていないローを独立させることによって、データの整合性を保持します。

独立性レベル 特性
0 - read_uncommitted
  • ダーティリード、繰り返し不可能読み出し、幻ローを許可する。

  • 同時トランザクションがローを変更しないこと、またはローに対しての変更がロールバックされないことは保証されない。

1 - read_committed
  • 繰り返し不可能読み出しと幻ローを許可する。

  • ダーティリードを防ぐ。

  • トランザクション中にクエリの結果が変更されないという保証はない。

次のいずれかのアプローチを使用して、独立性レベルを read_committed から read_uncommitted に変更できます。

  • SET OPTION SQL 文と isolation_level データベースオプションを使用します。

    たとえば次の文では、コミットされていない読み出しに独立性レベルが設定されます。

    SET OPTION isolation_level = 'READ_UNCOMMITTED'
  • Ultra Light C++ API の場合は、ULConnection SetDatabaseOption メソッドを使用して独立性レベルを変更します。

    Ultra Light.NET API の場合は、ULConnection.BeginTransaction メソッドまたは ULDatabaseSchema.SetDatabaseOption メソッドを使用して、read_committed 独立性レベルでトランザクションを作成します。

    Ultra Light J API の場合は、Connection.setOption メソッドを使用します。

    注意

    Ultra Light Java Edition データベースでは、read_uncommitted の独立性レベルだけがサポートされます。 BlackBerry スマートフォンでのデータ同期を参照してください。

 Ultra Light Java Edition データベースでの同時実行性とロッキング
 参照

read_uncommitted 独立性レベルの特性