Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Mobile Link クライアントとしての Ultra Light » Ultra Light クライアント » Ultra Light クライアントの同期設計

 

Ultra Light 非同期テーブル

SYNCHRONIZE OFF を使用してテーブルを作成することで、テーブル全体をアップロード操作から除外することを指定できます。これらの非同期テーブルは、統合データベースでは不要なクライアント固有の永続的なデータ用に使用できます。同期からは除外されていますが、テーブルの使用方法自体は Ultra Light データベース内の他のテーブルとまったく同じです。

注意

テーブルの同期タイプは、アップロードが必要な未同期の変更がない場合にのみ変更できます。

_nosync サフィックスを含むテーブルを作成し、名前を変更する場合は、_nosync サフィックスが保持されるようにする必要があります。たとえば、次の RENAME 句を指定した ALTER TABLE 文は、変更した名前の末尾が nosync ではなくなるので使用できません。

ALTER TABLE purchase_comments_nosync 
RENAME comments

修正するには、次のようにこのサフィックスを含む文に書き換えます。

ALTER TABLE purchase_comments_nosync 
RENAME comments_nosync

またはパブリケーションを使用して同じ効果を上げることができます。

注意

SYNCHRONIZE OFF 句でテーブルを作成または変更する代わりに、テーブル名に _nosync フレーズを付加して非同期テーブルに変更することができます。

 参照