Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Windows Mobile 向け Ultra Light アプリケーション開発 » CustDB のサンプルアプリケーション

 

CustDB サンプルアプリケーションの構築

CustDB のサンプルアプリケーションを構築すると、Ultra Light データベースとのインタフェースとしてのアプリケーションの機能がわかります。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

 ♦ タスク
  1. Visual Studio を起動します。

  2. プロジェクトファイルを開きます。このファイルは、%SQLANYSAMP16%\UltraLite\CustDB ディレクトリにあります。

  3. [ビルド] » [構成マネージャの設定] をクリックしてターゲットプラットフォームを設定します。

    使用するアクティブソリューションプラットフォームを設定します。

  4. アプリケーションを構築します。

    • [ビルド] » [ソリューションの配置] をクリックして CustDB をビルドおよび展開します。

      アプリケーションがビルドされると、リモートデバイスに自動的にアップロードされます。

  5. Mobile Link サーバを起動します。

    • Mobile Link サーバを起動するには、[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [Mobile Link] » [同期サーバのサンプル] をクリックします。

  6. CustDB アプリケーションを実行します。

    CustDB アプリケーションを実行する前に、custdb データベースをデバイスのルートフォルダにコピーする必要があります。%SQLANYSAMP16%\UltraLite\CustDB\custdb.udb というデータベースファイルをデバイスのルートにコピーします。

    デバイスまたはシミュレータ上で、\Program Files の下のフォルダにある CustDB.exe を実行します。

結果

CustDB アプリケーションがロードされます。