Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Ultra Light C++ アプリケーション開発 » Ultra Light データベースへの接続

 

Ultra Light データベースへの接続

ULDatabaseManager オブジェクトを使用して、sample.udb という名前の Ultra Light データベースを作成するか、またはこのデータベースに接続します。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

 ♦ タスク
  1. ULDatabaseManager オブジェクトを初期化し、次のコードを使用して Ultra Light の機能を有効にします。

    if( !ULDatabaseManager::Init() ) {
        return 0;
    }
    ULDatabaseManager::EnableAesDBEncryption();
     
    // Use ULDatabaseManager.Fini() when terminating the app.
  2. 次のコードを使用して、既存のデータベースへの接続を開きます。指定のデータベースファイルが存在しない場合は、新しいデータベースを作成します。



    ULConnection * conn;
    ULError ulerr;
     
    conn = ULDatabaseManager::OpenConnection( "dbf=sample.udb;dbkey=aBcD1234", &ulerr );
    if( conn == NULL ) {
        if( ulerr.GetSQLCode() == SQLE_ULTRALITE_DATABASE_NOT_FOUND ) {
            conn = ULDatabaseManager::CreateDatabase( "dbf=sample.udb;dbkey=aBcD1234", &ulerr );
            if( conn == NULL ) {
                // write code that uses ulerr to determine what happened
                return 0;
            }
            // add code to create the schema for your database
        } else {
            // write code that uses ulerr to determine what happened
            return 0;
        }
    }
    assert( conn != NULL );

    この手順では、接続が成功しなかった場合にエラー情報が保持される ULError オブジェクトを宣言します。

結果

sample.udb データベースへの接続が確立されます。