Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Ultra Light .NET プログラミング » Ultra Light.NET アプリケーション開発 » Ultra Light.NET アプリケーションの構築と配備

 

Windows Mobile への Ultra Light.NET アプリケーションの配備

適切な作成パラメータ、接続パラメータ、同期パラメータ、プロトコルオプション、参照、配備ファイルを指定して、Ultra Light.NET アプリケーションが Windows デバイス上や Windows Mobile デバイス上で正常に実行されるようにします。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

 ♦ タスク
  1. 次のパラメータを指定します。

    • 難読化を使用している場合は、データベース作成時に作成パラメータ obfuscate=1 を設定します。

    • AES または FIPS 140-2 AES 暗号化を使用している場合は、データベースの作成時または接続時に接続パラメータ DBKEY=encryption-key を設定します。

  2. Ultra Light アプリケーションで同期を使用する場合は、パラメータを適切に設定してください。

    同期タイプ パラメータの設定
    TCP/IP

    Stream 同期パラメータを tcpip に設定します。

    HTTP

    Stream 同期パラメータを http に設定します。

    RSA TLS

    Stream 同期パラメータを tls に設定します。

    RSA HTTPS

    Stream 同期パラメータを https に設定します。

    RSA FIPS 140-2 TLS

    Stream 同期パラメータを tls に設定します。

    プロトコルオプション fips=yes を設定します。

    RSA FIPS 140-2 HTTPS

    Stream 同期パラメータを https に設定します。

    プロトコルオプション fips=yes を設定します。

  3. RSA または RSA FIPS 140-2 エンドツーエンド暗号化を使用している場合は、プロトコルオプション e2ee_public_key=key-file を設定します。

  4. ZLIB 圧縮を使用している場合は、プロトコルオプション compression=zlib を設定します。

  5. 参照の追加先:

    • iAnywhere.Data.UltraLite

    • iAnywhere.Data.UltraLite.resources

  6. 次のファイルを配備します。

    • %SQLANY16%\UltraLite\UltraLite.NET\Assembly\V2\iAnywhere.Data.UltraLite.dll

    • %SQLANY16%\UltraLite\UltraLite.NET\Assembly\V2\en\iAnywhere.Data.UltraLite.resources.dll

    • Windows Mobile の場合は、%SQLANY16%\UltraLite\UltraLite.NET\CE\Arm50 にある ulnet16.dll。Windows の場合は、%SQLANY16%\UltraLite\UltraLite.NET\x64 または %SQLANY16%\UltraLite\UltraLite.NET\win32 にあります。

  7. アプリケーションに適したファイルを配備します。

    • ZLIB 圧縮を使用している場合は、mlczlib16.dll

    • RSA TLS、RSA HTTPS、または RSA E2EE を使用している場合は、mlcrsa16.dll

    • FIPS 140-2 AES 暗号化を使用している場合は、ulfips16.dllsbgse2.dll

    • RSA FIPS 140-2 TLS、RSA FIPS 140-2 HTTPS、または RSA FIPS 140-2 E2EE を使用している場合は、sbgse2.dllmlcrsafips16.dll

    Windows Mobile の場合は、ファイルは %SQLANY16%\UltraLite\CE\Arm.50 にあります。Windows の場合は、ファイルは %SQLANY16%\UltraLite\Windows\x64 または %SQLANY16%\UltraLite\Windows\x86 にあります。

結果

Ultra Light.NET アプリケーションは、配備先の Windows デスクトップまたは Windows Mobile デバイスで正常に稼動します。

次の手順

アプリケーションを配備した Windows デスクトップまたは Windows Mobile デバイスに Ultra Lite データベースを配備するか、配備したアプリケーションと一緒に新しいデータベースを作成します。

 参照